4.9万人のフォロワーを抱える人気ゴルフインスタグラマー・はるぴょんこと上山晴香さんは、ハンディキャップ「3」と5下シングルの腕前を持つ凄腕ゴルフ女子。ゴルフ歴4年で5下シングルにまで到達した彼女の上達習慣を毎週ひとつ紹介。今回はファーストパットで重要なポイントについて。

先日「3パットばかりしちゃって、スコアが全然まとまらない」と悩んでいるゴルファーから相談を受けました。仮にAさんとしましょう。私も今でこそグリーン上で叩くことは少なくなりましたが、とにかく苦手だったパター。とくに100切りを目指しているゴルファーはパット数が40を超えてしまうなんていう人も少なくないかもしれません。

もちろん、その原因は人によってさまざまですが、Aさんの場合はファーストパットで「ライン読み」に集中しすぎていることでした。グリーン上でラインを読むことはとても大事だと思いますが、ファーストパットでいちばん重視するべきことは寄せること、つまり「距離感を出す」ことが大切だと私は考えています。

これはAさんだけでなく、100切りを目指すゴルファーは当てはまりやすいですが、ファーストパットからカップに入れようとする傾向が強いかな、という印象です。もちろんピンそば1〜2メートルについたときはファーストパットでも入れるイメージをもつことはとても重要だと思いますが、6〜7メートルからでも入れようとするのは難易度が高いかな〜と思うんです。

距離感を出すために、グリーン全体の傾斜を見ることは必要ですが、ラインを読むことに集中しすぎることで大事なことを忘れないようにしてほしい。ファーストパットは距離感を出すことを第一に考え、その手段としてラインを読むという本来の目的を見失わないように意識してみることが大事ですよ!

そのうえ、距離感を出すためには練習不可欠だと私は思います! そこで距離感を出すための練習をひとつ紹介します。3メートル離れた箱に物を入れようとするとき、片手(利き手)で投げる人がほとんどのはずです。それと同じでパターの距離感を出すためには片手でストローク練習するのが効果的かな〜と私は実感しています。自宅でもできるし、習慣化するとパッティングは上達していきますよ!

※上山さんはアマチュアのためボランティアにて協力いただきました