PGAツアー
 米国時間17日に最新の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、タイガー・ウッズ(米)は前週987位から1005位に順位を下げ、人生で初めて1000位を下回った。

 世界ランキングに初めて登場したのがアマチュア時代の1994年で730位、そして1996年にプロデビューを飾り、1997年6月に世界ランク1位に輝いた。2005年6月から281週連続(通算だと683週)で世界No.1の座に君臨した。

 しかし、ここ2年は7試合にしか出場しておらず、今年5月29日には、フロリダ州で飲酒または薬物の影響下で自動車を運転した疑いで逮捕。アルコールは検出されず釈放されたが、睡眠障害に陥っていることを告白し、現在は治療に取り組んでいる。