PGAツアー
 全英オープンを前に会見に臨んだジョーダン・スピース(米)は、スタート時間によって、出場する半分の選手が好成績を残せないと考えているようだ。

「最低でも1組は最悪な天候時にプレーしなくてはならない。全英オープンではそんな状況でプレーして優勝することはまず不可能。そういう時は落ち着いて、ただ出来る事をこなすぐらいしかできない」

 昨季2日目、スピースは天候が最も荒れている時にプレーし、4オーバー「75」を叩いてしまった。「とてもイライラした。特に調子が良いのに(天候のせいで)ダメになるとね。もし自分が午後組で、午前組が好スコアを出していると厳しい。こんなスコア無理だよって思ってしまう。でもこれがゴルフだし、しょうがないね」と語った。