PGAツアー
 米男子ツアーのバーバゾル選手権は現地時間22日、アラバマ州のRTJトレイルを舞台に第3ラウンドの競技を終了。スコット・スターリング(米)が猛チャージを見せ、単独首位に浮上して最終日を迎える。

 首位と7打差の10位タイからスタートしたスターリングは、1番から連続バーディと好発進。5番ではイーグルをマークするなど6つスコアを伸ばして前半を終える。後半も16番から3連続バーディで締めるなど、順調にスコアを伸ばし、1イーグル、10バーディ、1ボギーの「60」をマーク。通算19アンダーとして、2014年以来となるツアー優勝に王手をかけた。

 1打差の単独2位にグレイソン・マレー(米)、2打差の3位タイに前日トップのチャド・コリンズ(米)とタグ・リディングス(米)が続く。キャメロン・トリンガル(米)が通算15アンダー単独5位、キャメロン・パーシー(豪)、ブライアン・ゲイ(米)ら6選手が通算13アンダー6位タイに並ぶ。

 その他、この日「62」の好スコアをマークしたローリー・サバティーニ(南ア)が通算11アンダー14位タイに急浮上。レティーフ・グーセン(南ア)は通算10アンダー20位タイ、ジム・フューリック(米)が通算8アンダー36位タイ。一方、デービス・ラブⅢ(米)はスコアを伸ばせず、通算3アンダー68位タイと下位に沈む。