PGAツアー
 現地時間23日に閉幕した第146回 全英オープン。最終日にマット・クーチャー(米)との激闘を制して、メジャー3勝目を掴んだジョーダン・スピース(米)に、SNS上で称賛の声が上がっている。

 元世界No.1のタイガー・ウッズ(米)は「素晴らしいカムバックと勝利。スピースに祝福を」とキャリアグランドスラムに王手をかけた23歳を祝福。メジャー通算18勝のジャック・二クラウス氏は「ワオ!なんてバックナインだ」と、スピースのプレーを褒めたたえると同時に「マットも素晴らしいパッティング。凄まじい戦いだ」と、クーチャーのプレーも称賛している。

 特に勝利を大きく引き寄せた15番でのロングイーグルパットに対しては、驚きの声が多く上がっており、同世代のライバルであるジャスティン・トーマス(米)は「呟く言葉が見つからなかったよ」と投稿。ダニエル・バーガー(米)は「ジョーダン・スピースは残酷だ」と独特の言い回しで、スピースのプレーを表現した。

 また、NBAのゴールデンステート・ウォリアーズに所属するスター選手である選手・ステフィン・カリー(米)は「これでもまだ不満か?」と、スーパープレーの連発に驚きを表している。