LPGA
 米女子ツアーのアバディーン・アセット・マネジメント・スコットランド女子オープンが現地時間28日、スコットランドのダンドナルド・リンクスを舞台に第2ラウンドの競技を終了。宮里藍は通算2オーバー24位タイ、クリスティー・カー(米)が通算5アンダーで単独首位となった。

 10番からスタートした宮里は、11番でバーディを奪うも、15番、17番とボギーを叩く。強風の影響もあり、後半もスコアを伸ばすことが出来ずトータル2バーディ、3ボギーの1オーバー73でホールアウト。スコアは落としたが、初日37位タイから24位タイに順位を上げた。

 野村敏京は3バーディ、3ボギーのイーブンパーでプレーし、通算1オーバー11位タイで決勝ラウンド進出。上原彩子は7オーバー79を叩き通算10オーバーで予選落ちを喫した。

 通算5アンダー単独首位に浮上したのはツアー通算19勝のカー、通算4アンダー単独2位にカリー・ウェブ(豪)。通算3アンダー3位タイにキム・セヨン(韓)、ユ・スンヨン(韓)、通算2アンダー単独5位にポーナノン・パットラム(タイ)が続いている。

 その他、通算1オーバー11タイにミッシェル・ウィー(米)、フォン・シャンシャン(中)、通算4オーバー39位タイにアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、ステイシー・ルイス(米)、ユ・ソヨン(韓)。リディア・コ(ニュージーランド)は通算9オーバー98位タイで予選落ちとなった。