現地時間20日に開幕する全英オープンゴルフ選手権。大舞台を前に予選ラウンドのペアリングが発表となり、初のメジャー制覇を狙う松山英樹はトミー・フリートウッド(英)、ブルックス・ケプカ(米)と同組となった。

 先の全米オープンゴルフ選手権を2位タイでフィニッシュし、メジャー優勝の期待高まる松山。予選ラウンドのパートナーにはその全米を制したケプカ、同大会4位のフリートウッドとエリンヒルズで活躍した面々が名を連ねた。松山たちは現地午前10時9分(日本時間20日午後6時9分)にスタートする。

 その他の日本勢では欧州で経験を重ねる谷原秀人がトービヨーン・オルセン(デンマーク)、ジミー・ウォーカー(米)とともに現地午後2時4分(日本時間20日午後10時4分)にティーオフ。池田勇太は谷原から2組遅れて現地午後2時26分(日本時間20日午後10時26分)にダニエル・バーガー(米)、パブロ・ララサバル(スペイン)とともに、さらにその11分後には宮里優作がケビン・チャペル(米)、ポール・ローリー(スコットランド)と全英のスタートホールに立つ。

 また注目のペアリングではディフェンディング・チャンピオンのヘンリック・ステンソン(スウェーデン)はジョーダン・スピース(米)、キム・シウ(韓)と、マスターズチャンピオンのセルヒオ・ガルシア(スペイン)はジェイソン・デイ(豪)、ザック・ジョンソン(米)と予選ラウンドから激突する。世界ランキングNo.1のダスティン・ジョンソン(米)はローリー・マキロイ(北アイルランド)、シャール・シュワーツェル(南ア)と同組となった。