米男子ツアーのRBCカナディアン・オープンが現地時間28日、カナダのグレン・アビーGCを舞台に順延された第1ラウンドと第2ラウンドの競技を終了。通算12アンダーでマーティン・フローレス(米)が単独首位、石川遼は予選落ちを喫した。

 ツアー初優勝を狙うフローレスは、前半12番でバーディを奪うと、16番から3連続バーディ。後半も2番でイーグルを奪いノーボギーの6アンダーで回り通算12アンダー単独首位で3日目を迎える。

 通算11アンダー2位タイにマット・エブリー(米)、ゲーリー・ウッドランド(米)、ブランドン・ハジー(米)、通算10アンダー5位タイにビージェイ・シン(フィジー)、ケビン・チャペル(米)、チャーリー・ホフマン(米)、ハロルド・ヴァーナー(米)、ライアン・ラフェルズ(豪)が続いている。

 その他、通算8アンダー14位タイにダスティン・ジョンソン(米)、イアン・ポールター(英)、通算5アンダー46位タイにマット・クーチャー(米)、通算4アンダー58位タイにジム・フューリック(米)。石川は通算1アンダーでカットラインに3打及ばず予選落ちを喫した。