米男子ツアーのRBCカナディアン・オープンが現地時間30日、カナダのグレン・アビーGCを舞台に最終ラウンドの競技を終了。ジョナサン・ベガス(ベネズエラ)が、プレーオフでチャーリー・ホフマン(米)を下し、ツアー通算3勝目を挙げている。

 3打差の5位タイからスタートしたべガスは、5番から3連続バーディをマークするなど、順調にスコアを重ね、トータル8バーディ、1ボギーの7アンダー65でホールアウト。通算21アンダーまで伸ばした同選手は、前日トップのホフマンと並び、勝負の行方はプレーオフに。プレーオフ1ホール目でべガスはバーディをマークし、大会連覇を成し遂げた。

 プレーオフで敗れたホフマンは、今季2度目の2位。通算20アンダー単独3位にイアン・ポールター(英)、通算19アンダー単独4位にゲーリー・ウッドランド(米)。通算18アンダー5位タイにブランドン・ハジー(米)、トニー・フィナウ(米)、ロバート・ギャリガス(米)が続いている。

 その他、世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(米)は、16番でイーグルをマークするなど、ノーボギーの「67」を叩き出し、通算17アンダー8位タイに順位を上げた。一方、全英オープンで2位のマット・クーチャー(米)は、3アンダー69でラウンドし、通算10アンダー32位タイとなっている。

(C)Getty Images