米国時間4日に最新の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、ダスティン・ジョンソン(米)、ジョーダン・スピース(米)、松山英樹のトップ3に変動はなく、プレーオフシリーズ第2戦 デルテクノロジーズチャンピオンシップで今季5勝目を挙げたジャスティン・トーマス(米)が4位に浮上した。

 ローリー・マキロイ(北アイルランド)は2ランクダウンの6位となり、約3年ぶりにトップ5から外れた。ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)が1つ順位を上げ7位となっている。

 国内男子ツアーのフジサンケイクラシックで優勝したH・W・リュー(韓)が399位から241位にジャンプアップした。プレーオフで敗れた小平智は16ランクアップの99位と松山、谷原秀人(55位)、池田勇太(63位)に続く日本勢4番手の座をキープしている。

【世界ランキングトップ10】
ダスティン・ジョンソン(米)
ジョーダン・スピース(米)
松山英樹
ジャスティン・トーマス(米)
ジョン・ラーム(スペイン)
ローリー・マキロイ(北アイルランド)
ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)
セルヒオ・ガルシア(スペイン)
ジェイソン・デイ(豪)
リッキー・ファウラー(米)