米男子ツアーのキャリアビルダーチャレンジが現地時間21日、カリフォルニア州のPGAウェスト TPCスタジアムコースを舞台に最終ラウンドの競技を終了。ジョン・ラーム(スペイン)がプレーオフの末、アンドリュー・ランドリー(米)を下し、今季初優勝を手にした。

 前日4位タイに後退したラームはこの日、ノーボギーの「67」をマーク。一方のランドリーは上がりホールで3メートル超のバーディを沈めるなど、4アンダー68でホールアウト。両者は通算22アンダーで並び、勝負の行方はプレーオフへ。

 迎えたプレーオフ1ホール目から3ホール目は両者ともにバーディパットに失敗してパー。続く4ホール目、両者はパーオンに成功すると、ラームが先にバーディパットを沈める。後のなくなったランドリーはバーディパットに失敗し、ラームのツアー2勝目が確定した。

 2位はプレーオフで敗れたランドリー、通算20アンダー3位タイにジョン・ホ(米)、アダム・ハドウィン(カナダ)、マーティン・ピラー(米)。通算19アンダー6位タイにケビン・チャッペル(米)とスコット・ピアシー(米)が続く。

 そのほか、アーノルド・パーマー氏の孫、サム・サンダース(米)が通算18アンダー8位タイ、2日目に4位タイのザック・ジョンソン(米)は通算14アンダー20位タイ。ディフェンディングチャンピオンのハドソン・スワフォード(米)は通算13アンダー29位タイで大会を終えた。

(C)Getty Images