米男子ツアーのプレーオフシリーズ最終戦 ザ・ツアーチャンピオンシップ(現地時間22日/ジョージア州/イースト・レイクGC)第3ラウンドが終了。タイガー・ウッズ(米)が通算12アンダー単独首位で最終日を迎える。

 首位タイから出たウッズは出だしバーディとすると、3番から5連続バーディを奪取。9番でボギーを叩くも前半「30」で折り返す。後半は12番バーディ、16番ボギーとし、トータル7バーディ、2ボギーの5アンダー65をマークした。

 優勝すれば2013年のWGC-ブリヂストンインビテーショナル以来のツアー通算80勝目。また、優勝に加え下記条件を満たせば3度目の年間王者に輝き、ボーナスの1000万ドル(約11億円)を手にする。

ブライソン・デシャンボー(米)が15位タイ以下
ジャスティン・ローズ(英)が3人以上の5位タイ以下
トニー・フィナウ(米)が3位タイ以下
ダスティン・ジョンソン(米)が3人以上の2位タイ以下
ジャスティン・トーマス(米)が3人以上の2位タイ以下
キーガン・ブラッドリー(米)が2位タイ以下

 通算9アンダー2位タイにローズ、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、通算6アンダー4位タイにジョン・ラーム(スペイン)、カイル・スタンレー(米)が続く。

 松山英樹は1イーグル、1バーディ、4ボギーの1オーバー71で回り、通算1アンダー単独16位。6番パー5ではもう少しでアルバトロス(2打目は残り約243ヤード)というショットを披露した。

 昨季年間王者のジャスティン・トーマス(米)、ダスティン・ジョンソン(米)は通算4アンダー9位タイ、リッキー・ファウラー(米)は通算イーブンパー17位タイ、今季メジャー2勝のブルックス・ケプカ(米)は通算4オーバー25位タイで3日目を終えている。