スコアメイクの要といわれているショートゲーム。実際、パーオン率のデータをみると、トッププロでも6〜7割、トップアマでも5〜6割なので、スコアをまとめるためにはいかにアプローチが必要かということがおわかりいただけると思います。

 そのアプローチでアマチュアが苦労するのが、距離感を合わせることではないでしょうか。左右へのミスはあまり多くはないのですが、ピンに寄らなかったりオーバーしたりと、なかなかピタッと寄せることができる人は少ないようです。

 何故、タテの距離が安定しないのか。原因は、インパクト時のロフト角が一定していないことにあります。

 ほとんどの人は、当てることへの意識が強すぎて、体が止まって手打ちになってしまいます。そうすると、インパクトでのロフトが増えてしまい、思ったよりボールが飛んでくれなくなります。

 また、テークバックで体よりも手を先行させてクラブを上げてしまうと、ダウンスイングで沈み込むような動きになり、ロフトが立った状態になって飛びすぎてしまうということもよくあります。

 では、どうすればインパクトでのロフト角が安定するか。

 ポイントは、手首の角度にあります。バックスイングをしたとき、少しだけ手首が折れ、手首とクラブとの間に緩やかな角度が生まれます。この角度をキープしてスイングすることが大事です。

 このときの注意点としては、腕を振るのでなく、最後まで体を動かし続けること。打ち終わったあとヒザ、腰、上体が飛球線方向を向くくらい動かす。しっかりフォロースルーを取ることができれば、手も一緒に付いてきてくるので、手首の角度も自然とキープできるようになります。

 また、角度を維持するために強く握らないことも大事です。強く握ってしまうと、当たりが強くなって初速が速くなり、飛びすぎてしまうからです。

 もうひとつ、大事になってくるのがリズムです。クラブと体の動きに合う、スピード感が出るような自分なりのリズムを見つけてスイングすることで、手と体とが同調しやすくなります。

 これまでの説明からもわかるように、アプローチでは特別な打ち方をする必要はありません。構えも、普段通りでOK。むしろできるだけベーシックな打ち方にするほうが、距離も合いやすくなります。

 最後に、距離感を養うためのドリルを教えましょう。

 今回、紹介するのは、アプローチの際、インパクトあたりからフォローまでの手の動きが覚えられる“引き上げ打ちドリル”です。

 アプローチの構えをしたら、ボールの約50センチ後方にヘッドを置きます。そしてこの状態から、手に力を入れずにソールを地面の上を滑らせながら、手元を引き上げてボールを打ちます。インパクトゾーンからフォローまで手元を動かし続けることによって、実際に打つときのロフトが安定してきます。

 ドリルによって手元を動かし続ける感覚をつかんだら、実際にボールを打ってみましょう。常に手元よりも少し後ろにヘッドがある状態(ハンドファーストの形)をキープしながら打てば、手とクラブとが作る角度も変わらず、距離感も合ってくるはずです。

★CS放送ゴルフネットワーク「プレメンレッスン!Season4 永井研史メソッド #2」より(放送・見逃し配信中)