NTTドコモ2011-2012冬春モデルの新型スマートフォンを持った堀北真希さん(左)、山田隆持NTTドコモ代表取締役社長、渡辺謙さん=18日、都内(gooニュース)

NTTドコモは18日、スマートフォン14機種など携帯電話の冬春モデル計24機種を発表した。スマートフォン全機種が緊急地震速報や災害・避難情報などの「エリアメール」に対応するようになるほか、スマートフォン4機種が次世代高速データ通信サービス「Xi(クロッシィ)」に対応。また従来の「iモード携帯」で使われたインターネット接続サービス「iモード」を「dメニュー(ディーメニュー)」としてスマートフォン用に作り替え、11月中旬から提供を開始する。スマートフォン用のコンテンツがダウンロードできるドコモ直営のコンテンツマーケット「dマーケット(ディーマーケット)」も、同時期から開始する。

ドコモが発表した冬春モデルのスマートフォン14機種の内、高機能タイプの7機種には最大処理能力が従来の倍になるデュアルコアCPU(中央演算処理装置)や、家庭用テレビ並みの高画質HDディスプレイ、大容量バッテリーなどを搭載。

カラフルな親しみやすさ、楽しさを主眼とした7機種では、チョコレートに見えるボディの「Q-Pot.PHONE」や、女子高校生のアイディアを取り入れた”ガチピンク”などの2機種を用意した。

女子高校生のアイディアを取り入れたNTTドコモ2011-2012冬春モデルのガールズ用スマートフォン

11月中旬からはドコモのスマートフォン独自のインターネット・ポータルサイト「dメニュー」を開始。「iモード」の人気コンテンツを移行するほか、約700社による約3600サイトを提供する。また同時期に開始するドコモ直営の「dマーケット」では、ビデオ約5000タイトル、音楽約100万楽曲、書籍約3万タイトルのほか、様々なアプリを提供する。

ドコモのCMに出演し「GALAXY S II」を実際に使っているという渡辺謙さんは「いまスマホがエライことになってますよね」と前置きし、新しくなった「GALAXY S II LTE」を手に、「画面はきれいだし、前より速いし、薄くなった。パソコンが10年かけて進化したのに対して携帯電話は2〜3年でぐーっとものすごいスピードで進化した。しかも使いやすくフレンドリーになってきた」と話した。同じくドコモCMに出演する堀北真希さんも「初めてスマホを使う人も安心して使える」と述べ、新しく始まる「dマーケット」では「ミュージックストアで、聴きたい曲が聴きたい時にすぐにダウンロードできるのがいいですね」と話した。