gooニュース×Voice連携企画 話題のテーマに賛否両論!
派遣切り・ロスジェネを見捨てるツケ(楠正憲・国際大学GLOCOM客員研究員)

問題は内定取り消しではない


経済危機を受けて、昨年後半から派遣切りや新卒者の内定取り消しが止まらない。

2008年10月から2009年3月の半年で、非正規雇用の雇い止めや中途解除で職を失う人々は8万5000人に上る。新卒学生の内定取り消しも769人に達する。

この年越し、日比谷公園で派遣の契約打ち切りなどで居場所を失った人々に食住を提供する「年越し派遣村」には予想を上回る500人以上が集まった。働き盛りの30代から40代が半分を超えたのは、バブル後の就職氷河期に就職に失敗した世代が派遣労働に流れ込み、経済危機で切り捨てられたからだ。若者を切り捨てる国に未来はない。

じつは経済危機以前から、2006年に偽装請負問題が発覚した際に、請負から派遣に切り替えられた大量の労働者が3年の期限を迎える「2009年問題」が囁かれていた。この経済危機は、派遣契約を切る格好の口実となったのではないか。

ただ、派遣契約を切られた人々に対して、冷たい目があるのも事実だ。撤回したが、坂本哲志総務政務官は「本当にまじめに働こうとしている人たちが日比谷公園に集まってきているのか、という気もした」と発言。ネット上でも「好きな仕事をしてきたのに甘えている」「ゴネ得だ」などの批判がある。

アルバイトを転々としながら夢を追う若者をフリーターと名付けたのは、リクルートのアルバイト情報誌『フロム・エー』の編集長だった道下裕史氏。労働者派遣法が施行された翌年の一九八七年のことだ。

フリーターが急増したのはバブルが崩壊してからで、いまや労働人口の34%近くを非正規雇用が占める。不況で夢を追う若者が増えたはずもなく、企業が正社員の採用に慎重となったからだ。みずほ総研の大島寧子氏は、好況だった2007年時点でさえ約400万人超が、正規雇用を望みながら非正規雇用に就いていたと推計している。

多くの企業が、バブル崩壊後、団塊世代の雇用と賃金は守りつつ、成果主義の導入でバブル世代以降の賃金上昇を抑え、ロスジェネ以降の正規雇用を抑制することで総賃金の上昇を抑えた。それが数多くの若年フリーターを生んだ元凶だ。

そして派遣産業は「自分らしい働き方」「仕事で夢を実現」といった言葉で非正規雇用の問題点を覆い隠しながら、正社員を守りたい企業側の思惑を実現して、利益を上げてきた。

しばしば正規雇用に就けない若者に対し、努力が足りない、勘違いしているとの批判もあるが、努力しなかった報いではなく、ロスジェネ世代には最初から正社員の椅子など用意されていなかったのだ。

それは、新卒の内定取り消しがわずか数百人にもかかわらず、深刻な社会問題として国会でも取り上げられたことでも分かる。内定取り消しに当たり、倒産前のリーマン・ブラザーズ証券は1000万円、日本綜合地所が100万円といった高額な違約金を支払ったと報じられている。新卒で正社員になれるか否かが一生を大きく左右することを、当の企業が自覚しての金額ではないか。厚生労働省は悪質な内定取り消しを続けた企業に対し、企業名を公表するなどの措置を取るとしているが、効果は期待できまい。そもそも内定取り消しを行なった企業が翌年に無謀な新卒募集を行なう場合は限られよう。さらに内定取り消しに対して厳しく取り締まると、採用余力のある企業まで内定そのものを減らしかねない。

問題は内定取り消しではなく、企業の新卒採用にある。

大企業の正社員数は定年退職者数と新卒採用枠の増減で調整され、景気や企業ごとの人口動態によって新卒採用枠が激しく乱高下する。ここ数年は好況と団塊世代引退でバブル期を超える売り手市場だったが、この不景気で急速に買い手市場へと変貌しつつある。卒業年次によって社会人への入り口が広くなったり狭くなったりするのは、誰の責任なのだろうか。

企業の採用は新卒に偏っているため再チャレンジの機会も与えられないとすれば、世代による不公平は著しい。この危機によって第二ロスジェネが生まれようとしている。

「努力しろ」はむなしいだけ


私もロスジェネど真ん中の1977年生まれだが、大学在学中から正社員として仕事に就き、片手間で教鞭を執り、家庭を成して三人の子をもつ。しかしけっして優等生ではない。英語が苦手で中学は留年し、高校を中退し、大検を取ってから浪人し、大学も留年した。

浪人時代はネットの黎明期。受験勉強そっちのけで秋葉原に入り浸って人脈を築き、大学が決まるなり仕事を請けた。大学に入って最初の年は個人事業主として雑誌に記事を書き、海外取材で飛び回り、受託調査や研究補助でさまざまな企業に飛び込んだ。親の扶養を外れたころには、個人で仕事を続けて大人相手に背伸びしつづけることの危うさを感じ、誘ってくれた会社に学生のまま正社員として収まった。ネットの普及で、似たような境遇の学生が増えると期待したが、ネット業界も数年で保守化してしまったようにみえる。

たまたま時代と運の巡り合わせが良く、貴重な経験を人より早く積むことができ、その経験が次の機会を呼び寄せてくれたが、それは誰かから描いてもらった未来ではなく、運よく私の趣味と時代が噛み合っただけだ。結局のところ、誰かが頼んでくれないかぎり、経験は積めず、成果なんて出しようがない。

  |        次のページ→