1997年、ドイツ。日本人として始めて世界最高峰の卓球プロリーグに挑戦していた松下浩二はふと思った。「自分は何をしているのだろう」。アパート探しからチケット手配まで練習の合間を縫ってこなしているのに、周りの選手たちは代理人にそれらを任せて、試合に集中している。華々しい日本の生活を捨てて、世界と戦うために海を渡った松下は、肝心のプレーではなくマネジメントで苦しんでいた。(北村慶一・慶應義塾大学)

◆勝てば天国、負ければ地獄 


現役時代の松下浩二(チームマツシタ提供)

20年前、大学卒業を前にして卓球留学した。プロリーグに参戦するためスウェーデンに渡った。「強くなりたいというより、見聞を広める狙いだった」が、そこで松下は考えを根本的に変えざるをえなくなる。

当時のスウェーデン代表は世界チャンピオン。リーグには自分より格上の選手がたくさんいた。

「勝者は観客から称賛されるが、負けた自分には見向きもしてくれない」

試合での様子だけではない。周りの選手の生活の格差も目の当たりにした。当時世界チャンピオンのプロリーグのスター選手は年棒1億円近く、練習先まで高級車で通うなど派手な生活をしていた。

一方、無名選手は安い報酬で、練習をしつつ細々と生活をする。負け続ければ戦力外通告が待っている。松下は沸々とこみ上げてくるものに気づいた。「勝たなきゃいけないんだ」。

◆「ぬるま湯」からの脱出

日本では、試合に負けても「次」があった。仲間が慰めてくれるし、生活や収入に影響は全く出ない。次の試合で頑張ればいい。日本はぬるま湯の環境だった。

しかし、スウェーデンのプロは違っていた。心も体も自然と試合に勝つことが染みつき、生活も自ずと卓球が中心になる。「本当に強くなりたいと思った。プロじゃないと自分を追い込めないし、世界で勝てない」。松下はスウェーデンで逃げ道を作らない環境に身を置くことを決断した。

帰国後、しばらく会社勤めをしつつ卓球を続けたが、「プロになりたい」という気持ちは揺るがなかった。会社にプロになりたいと告げたが、返答は「今の環境でも十分卓球ができるじゃない」。だけど、強くなるにはそこで満足してはいけないと思った。

1993年に会社を辞め、卓球選手として日本初のプロ宣言をした。プロ宣言後、思うように試合に勝つことができなかった。しかし、宣言直後の全日本選手権で初優勝をすることができた。卓球が生活のすべてだから必死だった。その後もプロとして実力を発揮し、年収も周りのトップ選手と比べて3,4倍にまで増えた。「普通のプロ野球選手並には稼げた」。そんな生活を始めて4年後、松下は世界選手権のダブルスで銅メダルを取り、ドイツのプロ2部リーグに挑戦するため海を渡った。

◆ドイツでの戸惑いと驚き

ブンデスリーガ」、それは世界最高峰のドイツの卓球プロリーグと言われる。ヨーロッパやアジアから強豪選手が集い、ハイレベルな試合を展開する。メディアの注目度も高く、ゴールデンタイムに中継を流すこともあるくらいだ。選手によっては年棒が2億円近くなる。

その2部リーグに渡ったのはいいが、苦労の連続であった。そもそも海外なので言葉の壁がある。それだけでも戸惑うのに、家探しや家事、チケット手配まで自分でこなさなければならない。自身のマネジメントによって、練習の時間が削られていった。それでも、「活躍して1部に上がってトップ選手とプレーしたいから」。それが松下の支えだった。

プレーとマネジメントを両立しつつ、35勝3敗と圧倒的な成績を残し、「最高選手賞」を受賞。1部リーグの名門チーム「ボルシア・デュッセルドルフ」からオファーが届いたのはそれからまもなくのことだ。

翌シーズンから2年間、1部リーグでプレーすることになった松下は、またしても驚かされた。待遇が見違えるようにいいのである。今まで懸念していたマネジメントは全てチームが世話をしてくれる。顕著だったのは、アパート。自分は練習に打ち込んで試合に集中するだけ。それは理想的だった」。

それまでしがみついていたものが解放されたかのように、その成果は現れた。チームはヨーロッパチャンピオンズリーグで優勝し、自身も日本代表として2000年の世界選手権団体戦銅メダルの立役者となった。世界ランキングも自己最高位の17位まで上げ、選手として充実した2年となった。

◆強くするためのマネジメント


ドイツで3年間、フランスで1年プレーしてから帰国後の2001年、ぼんやりと頭に描いていたことを実行する。マネジメント会社の設立だ。

「今後海外でプレーする日本選手が増えてくる。そのときに困らないように、強くなるための応援をしたいと思い設立した。それに、誰もやっていなかったから、自分こそやらなければと感じた」

プロが当然と思う松下にとっては、それは必然的だと言わんばかりで平然と語る。

今年の世界選手権で銅メダルを獲得した水谷隼岸川聖也は、松下の会社とマネジメント契約して、海外でのプレーを通して実力をつけた選手だ。海外での生活支援はもちろんのこと、国内でのイベントのスケジュール管理まで会社が面倒を見ている。彼らはプレーのみに専念でき、大舞台に強い選手へと変貌を遂げた。

◆「日本を強くしたい」

松下の次のターゲットは、日本でのプロリーグ設立だ。「今は海外でのプレーが強くなる道だが、ヨーロッパや中国のように自国で強くするシステムがないとその強さは継続できない」と設立の必要性を訴える。そのために、2年前に現役活動と並行して早稲田大学大学院スポーツ科学研究科でスポーツマネジメントを学んだ。

今年1月、松下はラケットを置いた。今はプロリーグ設立の準備に奔走している。現役は引退したが、「日本を強くしたい」という心に秘めた情熱を胸に、これからも走り続ける。


この記事はgooニュースと大学生向けのジャーナリスト育成プログラム「スイッチオンプロジェクト」のコラボレーションによるものです。