最終学歴は博士課程修了。そんな高学歴層にもワーキングプアが広がっているのだとか。
 時は就職氷河期。不況の真っ只中、大学卒業後の行き場が決まらず、院への進学を選んだ学生たち。しかし彼らを待ち受けていたのは、図らずも状況の変わらない厳しい就職事情でした。憧れの研究者への道は狭き門、企業の採用も積極的ではなく、その結果、やむを得ずフリーターになった人も少数派ではないというのが現状のようです。
 水月昭道著「高学歴ワーキングプア」には、著者を始めとする院進学者の厳しい実態が書かれています。同書は文部省が90年代の初めに打ち出した「大学院重点化」を問題視。この政策によって大学院の定員数が増員されたものの、修了後の研究職は増えず、結果として深刻な就職問題を招いた点を指摘しています。
 センセーショナルなタイトルで話題を呼び、多くの物議を醸している「高学歴ワーキングプア」。同書が扱う問題の根は深いと言えそうです。(gooサーファー)

高学歴ワーキングプア(ウェブ検索)
→ その他の注目ワードを見る:gooキーワードランキング