仕事を終えた後のビールが美味しく感じる、飲んだ後のシメにすするラーメンがたまらない、と年齢を重ねるごとに理解できるようになったあれこれ。でもそれに比例して気になるのが体重やおなか周り。若い頃は軽い運動をしたり、食事をセーブしたりすればすぐに痩せたのに、以前と同じやり方でも効果が見られなくなったというアナタ、ダイエットの基本となる「やせる三要素」って知っていますか?

 gooダイエット「ダイエット基本のキ」によれば、やせる三要素とは「食事」「運動」「生活習慣」の3つ。栄養バランスの取れた食事をよく噛んで食べる、規則正しい朝方の生活を心がけ適度な運動をするなど、知っていてもなかなか実践でないというのが本音ではないでしょうか。仕事上断ってばかりもいられない接待や付き合い。ではせめてお酒の席でのカロリーセーブ術を身につけて実践してみてはいかが。

 席に着くなり「とりあえず」の一言で運ばれてくるビール。中ジョッキのカロリーはなんと約219kcalと、思いのほか高め。しかもなかなか1杯ではブレーキがかからないのが実のところ。ならばつまみでカロリーをセーブするしかありません。やきとりならば塩、おでんならば揚げ物以外の大根など野菜を中心に。他にも冷奴や枝豆、あさりの酒蒸しもろきゅうなど栄養のバランスがとれ、できるだけカロリーの低いメニューを選ぶのがコツ。お店に広がるおいしそうな香りにつられて、ついカロリーの高いメニューをオーダーしてしまいがちですが、周囲に宣言するなど協力を仰ぐのも手。そしてシメのラーメンもグッと我慢。

 お花見に歓送迎会とお酒を飲む機会が多いこのシーズン。知っているのに実践しないのはもったいない、一度増えた体重や贅肉はなかなか落ちにくいものですから、日頃の心がけが大切といえそうですね。帰り道は2駅歩く、階段を使うなど普段から継続的かつマメに体を動かすことも効果的なのだとか。薄着の季節が到来するまでに、スリムな体を目指してチャレンジしてみませんか?(gooサーファー)

やせる三要素(ウェブ検索)
→ その他の注目ワードを見る:gooキーワードランキング