3月31日付けの読売新聞によると、レギュラーガソリンの平均店頭価格は2週連続で1リットルあたり150円を超えているとのこと。震災の影響でガソリンの供給が不安定になり、さらには原油価格の上昇によってガソリン価格が高騰しているようですが、普段よりも自動車の利用を控えるようにしているという人も多いのではないでしょうか。そこで、今すぐに実践できるガソリンの節約術について探ってみました。

●ガソリン代を抑える裏技とは

交通エコロジー・モビリティ財団のサイトには「エコドライブ10のすすめ」として、緩やかに発進する「eスタート」や、加減速の少ない運転、アイドリングストップといったドライビングのコツ、寒冷地などを除いて暖機運転が不要であることや、積荷を降ろして軽量化するといった方法が紹介されています。

また、エコドライブのポイントのひとつといえるのがタイヤの管理。同サイトによれば、タイヤの空気圧が適正値より50kPa(0.5kg/c?)不足すると、市街地で2%程度、郊外で4%程度燃費が悪化するとあります。空気圧をまめに点検して、適正な状態を保つよう心がけたいところです。なお、タイヤ選びも重要なポイント。ガソリン代を抑える方法をまとめたサイト「ガソリン代節約術」によると、エコタイヤは抵抗を少なくし、燃費を上げて転がり抵抗を少なくしているのが特徴とあります。また、インチアップすると重量が増え、燃費の悪化につながるとのこと。各タイヤメーカーのタイヤの性能を比較し、条件に合うものを選んでみると良いかもしれません。

株式会社ブルーテイルが運営するサイト「ガソリン値上げ対策 ガソリン代節約術」にも、同様の燃費をアップするドライブテクニックの他、給油の量に関する記述がありました。ガソリンを満タンにすると車が重くなって消費燃料が増えてしまうのだそう。給油の際には量や価格を先に決め、満タンにしないで車を軽量化するのが良いとのこと。

ガソリン代を節約することは、エコドライブや安全運転にもつながります。これらのテクニックを普段から習慣付けてみてはいかがでしょうか。(gooサーファー)

ガソリン代節約術(ウェブ検索)
→ その他の注目ワードコラムを見る:gooキーワードセンター