ギャグ要素の多い作品にはかかせないキャラクターの「ツッコミ役」、いないとボケ通しになってしまい話に収拾がつかなくなってしまいますね(わざとそうする話もありますが)。
視聴者が思った事を率直に突っ込むキャラもいれば、予想外の言葉で突っ込むキャラもおり、一口に「ツッコミ役」といってもそのポテンシャルには個人差があるように思います。

そこで今回は「アニメ・マンガ史上最強のツッコミ役キャラ」ランキング」をアンケート、ランキングにしてみました。
一番「ツッコミ役」としてのポテンシャルが高いキャラとは、一体どの作品のどのキャラだったのでしょうか?

1位 志村新八
2位 ウソップ
3位 斉木楠雄

1位は『銀魂』の「志村新八」!

奇人変人が多い作品のなかで(あくまで)比較的常識的なメガネ、『銀魂』の「志村新八」が堂々の1位に輝きました。
基本的に作中では突っ込んでばかりの地味目なメガネであり、作中幾度となく「本体はメガネ」と言われ続け、人間部分はもはや「メガネかけ器」といった扱いの彼。
2012年に「新八のメガネ」という彼のメガネが再現販売されたのですが、ネットでの反応は「新八のめがねというか、新八だろ」「人身売買じゃん」「ついに新八の本体が…」と散々だったようです。

2位は『ONE PIECE』の「ウソップ」!

特にツッコミ役という印象は薄いが上位に躍り出た、『ONE PIECE』の「ウソップ」が2位を獲得しました。
『ONE PIECE』は敵味方関係なくルフィ以外満遍なくツッコミをしている印象が強いだけに、なぜ「ウソップ」が2位に食い込んできたのか、疑問に感じる人も多いかもしれません。

3位は『斉木楠雄のΨ難』の「斉木楠雄」!

常に視聴者に語りかける形で冷静に突っ込み続ける、『斉木楠雄のΨ難』の「斉木楠雄」が3位にランク・インしました。
ピンク色の髪の毛にアンテナ、緑色のメガネをかけた彼は超能力を所持しており、頻発する様々なボケに対して相手にではなく視聴者に超能力で語りかけるように突っ込み続けます。

いかがでしたか?
ランキングを見ていると、なんとなく「ツッコミ役」な声優さんもいるような気がしてきました(誰とは言いませんが)。

今回は「アニメ・マンガ史上最強のツッコミ役キャラランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜46位のランキング結果もぜひご覧ください!

※7/29 記事内容一部修正しました。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:4,929票
調査期間:2017年06月11日〜2017年06月25日