日本人だけでなく世界でも認められているグルメの1つと言えばラーメン。

日本全国には数えきれないほどのラーメン店があり、もちろん知られざる名店がキラ星のごとく存在している。

例えば、西日本でいえば広島市民を魅了し続ける「陽気」、岡山市民を魅了し続ける「天神そば」、山口県周南市民が愛するスター系ラーメンの「第三スター」や岩国市民に愛され続ける「寿栄広食堂」 などが存在している。

甲信越地方では新潟県長岡市民が足しげく通う「青島食堂」や長野県松本市民が愛するイラン人が作る絶品ラーメン、「ラーメン藤」に、あの田中要次さんも愛すると言う長野県木曽町の「あすなろ」のチャーシューメンなどが挙げられる。

東海地方では、いまや全国区となった名古屋名物の「台湾ラーメン」を初め、一宮市民を魅了しつづける「ベトコンラーメン」に、知られざる岐阜県多治見市の「台南ラーメン」などが挙げられる。

もちろん北の大地・北海道にも、北海道ラーメンランキングで1位を独占し続ける味噌ラーメンのお店「彩未」や、あの北川景子さんを魅了したショウガラーメンの名店「信月」など、数え上げればきりがない。

首都圏でいえば、横浜市民が愛するソウルフード・サンマー麺の名店「玉泉亭」、に平塚市民が愛して止まない独自の平塚タンメン、日本で初めてミシュランの星を獲得したラーメンなど、もはや挙げていくことが困難なほど、さまざまな名店がひしめき合っているのだ。

そんな日本中にある美味しいラーメンの中から、今回は青森県青森市にある地元民が足繁く通うというラーメン店をご紹介したい。

お店の名前は「まるかいラーメン」だ。

・青森市のランドマーク「青森県観光物産館アスパム」からすぐのお店
こちらのお店、青森市のランドマーク「青森県観光物産館アスパム」からすぐのお店。

取材当日は残念ながら猛吹雪だったため、非常に視界が悪い状況であったが、もし天気がよければ展望台からの景色は非常に美しいようなので、ラーメンを味わう前に訪れるのもいいかもしれない。
IMG_7357

寒い吹雪の日の平日、しかも午後2時すぎというのに、多くの人がこちらのラーメン店を訪れていたため、青森市民には非常に人気の高いお店であることがお店に入店する前から感じられる。
IMG_7366

・メニューはラーメンとおにぎりのみ
こちらのお店、メニューはラーメン(大)と(中)、そしておにぎりのみ。

トッピングやドリンクなどはなく、ラーメン1本だけで勝負している、老舗のラーメン店だ。
IMG_7359

スープは醤油が主体となっており、脂分が少ないスープとなっているため、煮干しの香りがする醤油スープというような味わい。

この味わいを青森淡麗系煮干しスープというのだそうだが、脂分が少ないため一般的なラーメンと比較すると物足りない感覚を覚えてしまうため、賛否両論あるかもしれない。
IMG_7362

そして麺だが、コシがなくプツプツと切れる麺のため、一般的なラーメンと比較すると違和感を感じてしまうかもしれないため、賛否両論あるかもしれない。
IMG_7363

賛否両論あるかもしれないのだが、吹雪の日に青森市内を3時間以上歩きまわり、身体がキンキンに冷え切った状態で味わったこちらのラーメンは、筆者にとっては非常に身体の芯から温まる美味しいラーメンであった。

飲みやすいスープは冷えた身体をゆっくりとほぐしていってくれるし、柔らかな麺はなんの抵抗もなく、喉の奥へと吸い込まれていく。もしかしたら、こちらのラーメンが青森の人々に愛されている理由はそこにあるのかもしれない。
IMG_7367

もし、青森県を訪れることがあるのであれば、賛否両論あると言われている「まるかいラーメン」を訪れて、青森市民が愛する味わいを堪能してみてはいかがだろうか。

きっとそこには、無骨ながらも地元で愛され続ける味わいがあるに違いないのだ。

お店 まるかいラーメン
住所 青森県青森市安方2-2-16
営業時間  10:30〜18:00
定休日 日曜日