日本人だけでなく世界でも認められているグルメの1つと言えばラーメン。

日本全国には数えきれないほどのラーメン店があり、もちろん知られざる名店がキラ星のごとく存在している。

例えば、西日本でいえば広島市民を魅了し続ける「陽気」、岡山市民を魅了し続ける「天神そば」、山口県周南市民が愛するスター系ラーメンの「第三スター」や岩国市民に愛され続ける「寿栄広食堂」 などが存在している。

甲信越地方では新潟県長岡市民が足しげく通う「青島食堂」や長野県松本市民が愛するイラン人が作る絶品ラーメン、「ラーメン藤」に、あの田中要次さんも愛すると言う長野県木曽町の「あすなろ」のチャーシューメンなどが挙げられる。

東海地方では、いまや全国区となった名古屋名物の「台湾ラーメン」を初め、一宮市民を魅了しつづける「ベトコンラーメン」に、知られざる岐阜県多治見市の「台南ラーメン」などが挙げられる。

もちろん北の大地・北海道にも、北海道ラーメンランキングで1位を独占し続ける味噌ラーメンのお店「彩未」や、あの北川景子さんを魅了したショウガラーメンの名店「信月」など、数え上げればきりがない。

首都圏でいえば、横浜市民が愛するソウルフード・サンマー麺の名店「玉泉亭」、に平塚市民が愛して止まない独自の平塚タンメン、日本で初めてミシュランの星を獲得したラーメンなど、もはや挙げていくことが困難なほど、さまざまな名店がひしめき合っているのだ。

そんな日本中にある美味しいラーメンの中から、今回は青森県青森市で朝から多くの地元民が押し寄せるラーメン店をご紹介したい。

お店の名前は「くどうラーメン」だ。

・1948年(昭和23年)創業の老舗ラーメン店、それが「くどうラーメン」
こちらのお店、1948年(昭和23年)創業の老舗のラーメン店。

1948年(昭和23年)と言えば、戦後から僅か3年しか経っていない年。

この年は、10歳の美空ひばりさんがデビュー、第1回NHKのど自慢が始まり、プロ野球で初のナイターが開催されるなど、戦後の混乱の中でも力強い復興のきざしを感じられた年。

そんな時代に、こちらのお店は産まれ、ラーメンが未だ一般的な食べ物ではなかった時代に、お客と一緒にラーメン店として青森の繁栄を支えてきたのだ。

そして、今なお多くの人々を美味しいラーメンで楽しませている。
IMG_7382

・朝8時から朝ラーを楽しめるお店、それが「くどうラーメン」
実はこちらのお店、一般的なラーメン店とは異なり、朝8時からラーメンを楽しめるお店となっている。

こちらのお店はもともとは市場の近くで創業した、ラーメン、そば、うどんと麺類を提供するお店だったのだ。

朝からラーメンを味わえるお店は、1948年(昭和23年)の創業当時は日本広しといえども、なかなか存在しなかったのではないか?と想像される。

そんな朝からでも味わえるラーメンは、非常にあっさりとした美味しいラーメンに仕上がっているのだ。

まず見た目だが、非常に美しいラーメンと言える。
IMG_7385
IMG_7386

そんな美しいラーメンの特徴はスープにある。

スープは青森でしかなかなかお目にかかれない、小魚を素焼きにして干した「焼干し」と昆布、そしてそこにトンコツと青森が誇る地鶏・シャモロックの鶏ガラを加えたものだ。

濃厚なウマミがありながらもスッキリとした味わいは、まさにクセになる味わい。
IMG_7388

そして、そんな美味しいスープをしっかりと堪能できるのが、こちらの中細のちぢれ麺だ。
IMG_7389

もちろん美味しいスープをたっぷりと吸ったチャーシューは、まさにごちそうと呼ぶにふさわしい味わい。
IMG_7390

もし青森県青森市を訪れるのであれば、こちらのお店で、長い間青森市民に親しまれている、スッキリとした最高の醤油ラーメンを味わってみてはいかがだろうか?

きっとそこには、青森でしか味わえない、素晴らしい味わいがあるに違いないのだ。

お店 くどうラーメン
住所 青森県青森市新町1-6-12
営業時間  8:00〜16:00
定休日 木曜日
公式facebookページ https://www.facebook.com/kudohramen/

IMG_7382

IMG_7391

IMG_7383

IMG_7385

IMG_7386

IMG_7388

IMG_7389