マレーシアに行ったら、東南アジアらしいトロピカルフルーツを思い切り食べたい! そんな人におすすめなのが、マレーシア南部のジョホール州デサルにあるデサル・フルーツ・ファームです。

デサル・フルーツ・ファームは1990年創業の農園で、2001年からアグリツーリズム(グリーンツーリズム)の体験施設として営業をしています。

これまでに複数の賞を受賞したという同施設には、マレーシア国内のみならず、海外からもたくさんの訪問者が訪れており、日本の高校生グループの訪問団も来ているそうです。

デサル・フルーツ・ファームでは、フルーツの試食付きファーム見学ツアーや、フルーツ食べ放題とランチのついたファーム見学ツアーに参加できます。

ファームは約45.5ヘクタールと広いので、この車に乗って移動。その後、ガイドさんの説明を聞きながら、徒歩による見学ツアーのスタートです。

デサル・フルーツ・ファームで栽培されているのは、10種以上の植物と100種以上のトロピカルフルーツ。

季節性のフルーツとしては、ドリアン、ランブータン、マンゴスチンなど、通年性のフルーツとしては、ローズアップル、グァバ、パッションフルーツ、ジャックフルーツ、パイナップル、マンゴー、ケドンドンなどが挙げられます。

クワ科の常緑高木、ブレッドフルーツ(パンノキ)。

人の頭の2倍くらいの大きさのジャックフルーツ。

チョコレートの原料になるカカオ。割って見ると、白いワタに包まれた種がでてきました。

マンゴスチンの花。

サウザンド・フィンガー(千本の指)など、名の見たこともない珍しい植物がたくさんあります。

こちらのファームでは、蜜蜂による受粉を行い、無農薬の有機栽培を実践しているとのこと。

暑い屋外を歩いて喉が渇いたら、ファームで獲れたフルーツのジュース(30リンギット/約90円)を飲んでみるのはいかがでしょう。

白色はサワーソップ、赤色はロゼル、緑色はケドンドンのジュースです。筆者は甘酸っぱいロゼルのジュースが気に入りました。

ファームツアーの後は、お待ちかねのフルーツ・フェスタ(フルーツ食べ放題)!

マンゴー、スイカ、パイナップル、ジャックフルーツ、ドラゴンフルーツ、ローズアップル、スターフルーツ、バナナ、パッションフルーツなど、さまざまなトロピカルフルーツを思う存分いただくことができます。

筆者は、日本では珍しいジャックフルーツ、そしてマンゴーが特に気に入りました。日本では高額なマンゴーも、ここでは好きなだけ頬張ることができて夢のよう。

今回はランチ付きのツアーだったため、フルーツの食べ放題に続いて、フルーツを使ったお料理が運ばれてきました。

果肉を使ったお料理やフルーツソースの添えられたお料理は、フルーティーでおいしく、日本人の舌にも合います。少し辛いものもありましたが、それを除けば子どもでも食べやすいでしょう。

自然体験やグリーンツーリズム、トロピカルフルーツの食べ放題を楽しみたい方は、次のマレーシア旅行では南部ジョホール州へ足を伸ばして、デサル・フルーツ・ファームを訪ねてみませんか。

名称 デサル・フルーツ・ファーム(Desaru Fruit Farm)
所在地 Sungai Cemaran Desaru 81900 Kota Tinggi, Johor, マレーシア
公式サイト https://www.desarufruitfarm.com/