多民族国家マレーシアの4大料理といえば、マレー料理、中華料理、インド料理、そして、19世紀後半までにマレーシアに移住した中華系移民男性が現地の女性と結婚し、生まれた子孫=プラナカンの家庭料理であるニョニャ料理。

ニョニャ料理は、中華系の食材や調理器具を使いマレーシアの香辛料や味付けでアレンジされているので、中華料理ともマレーシア料理とも違う、独特のテイストです。

今回は、魚のすり身に玉ねぎ、ココナッツミルク、ハーブやスパイス等を練り込み、ヤシの葉に包んで焼いたニョニャ料理「オタオタ(Otak Otak)」を紹介しましょう。

訪ねたのは、マレーシアの半島最南部に位置するジョホール州北部の町ムアール(Muar)にある「ケー&ワイ・フローズン・フード・エンタープライズ(K&Y Frozen Food Enterprise)」です。

店の外ではスタッフさんがオタオタをグリルしていました。

こちらのお店では、魚のすり身のほか、エビ、カニ、イカ、貝を使った手作りのオタオタを製造・販売しています。オタオタを包んでいるのは、ヤシの葉(ニパパームの葉)。同じオタオタでも、バナナの葉で包んで蒸し焼きにするところもあるそうです。

今回は特別に製造工程を見学させてもらいました。上は、すり身に混ぜるスパイスをブレンドしているところ。

別の部屋では、スタッフさんたちが手作業でオタオタを作っていました。

慣れた手つきで、非常にスピーディー! このときは夕方だったので8名ほどで作業をされていましたが、昼間は十数名体制で製造しているとのこと。

このボウルに入っているのが、魚のすり身に玉ねぎやココナッツミルク、ハーブ、スパイスを練り込んだペーストです。

出来上がったオタオタ。こちらのお店はこのオタオタを冷凍し、小売りや卸売をしているそう。

店舗1階の冷凍ショーケースで販売されているオタオタ。価格も手ごろです。

魚のオタオタとエビのオタオタを試食してみました。

例えるなら、柔らかめのはんぺん。弾力はさほどなく、プリプリというより、やわやわした食感です。そして、けっこうスパイシー! ココナッツミルクが入っているせいか、尖った刺激的な辛さではありませんが、しっかりスパイスがきいています。

エビのオタオタには小さなエビの身も入っていました。ニョニャ料理店のメニューとしても定番のオタオタですが、料理の一品というより、立ち食いするおやつのような印象です。

マレーシア旅行でニョニャ料理を食べる機会があったら、ぜひオタオタを味わってみてください。

名称 K & Y Frozen Food Enterprise
所在地 No.55-17, Jalan Bentayan, 84000 Muar, Johor, Malaysia.
公式サイト http://m.mygp.la/mr/m.aspx?wtid=843