週末でも行ける気軽さが魅力のお隣、韓国。「韓国旅行の楽しみのひとつが、カフェめぐり」という人も多いのではないでしょうか。インスタ熱は日本以上ともいえる韓国は、外観や内装、メニューなどに趣向を凝らしたおしゃれカフェがたくさんあるのです。

いま韓国で最も人気を集めているカフェのひとつが、ソウルのカロスキルに本店を構える「カフェドパリ(Cafe de paris)」。日本でも、現在六本木ヒルズに期間限定店舗がオープンしているほどの人気ぶりです。

もともと2009年にソウルで生まれたカフェドパリですが、現在は釜山にも進出。韓国第2の都市でも、話題のボンボンが食べられるようになりました。

釜山のカフェドパリは、ロッテ百貨店光復店と広安ビーチ店の2店舗。おすすめは、海に面した開放感あふれるロケーションの広安ビーチ店です。筆者も、実際にカフェドパリ広安ビーチ店に足を運んでみました。

広安ビーチは、海雲台ビーチと並ぶプサンを代表するビーチのひとつ。道路を挟んだビーチの向かいには、韓国内外のカフェが並ぶ、カフェ激戦区でもあります。

カフェドパリ広安ビーチ店は、地中海を思わせる鮮やかなブルーの外観が印象的。中に足を踏み入れてみると、超有名チェーンにもかかわらず、意外にも個人経営のカフェのようなアットホームな雰囲気がありました。

客席がゆったりと配置された店内は、居心地抜群。海に面した絶好のロケーションも手伝って、ついつい長居してしまいそうです。

カフェドパリの代名詞といえば、高さ2センチほどの「ボンボン」。見た目はパフェのようですが、一般的なパフェとは違い「スムージー×生クリーム×フルーツ」の構成で、大ぶりのたっぷりフルーツは、ビジュアルインパクト絶大です。

食べられるボンボンの種類は時期によって異なり、一番人気は年間を通して食べられるマンゴーボンボン。フィリピン産の甘いペリカンマンゴーを、2個半〜3個も使った贅沢なメニューで、トロピカルフルーツ好きにはたまりません。

トップには大きくカットされたブロック状のマンゴー、生クリームを挟んで、小ぶりにカットされたマンゴー。さらにその下には、マンゴースムージーが控えています。

スタッフに「気を付けてお持ちください」と言われた通り、マンゴーをたっぷりと使ったボンボンは、予想以上の重さ。フルーツ好きなら、はしゃがずにいられるでしょうか。

高さ20cmと大きいながらも、果肉とスムージーという異なる形でフルーツが楽しめるので、思ったよりも軽く平らげられてしまいます。

良質なフルーツがたっぷり食べられるなんて、もう幸せ。甘くフレッシュなマンゴーは、果実のうまみがぎゅっと詰まっていて、一度食べると忘れられないおいしさです。ビーチに面した心地よい空間で、至福のひとときを過ごしてみては。

カフェドパリ広安ビーチ店
住所:釜山広域市 水営区 南川洞 3-5
http://cafedeparis.kr/

カフェドパリジャパン <2019/5/24〜2019/9/1:六本木で期間限定営業>
https://www.cafedeparis-japan.com/