南ドイツは、ハイデルベルクからもほど近い場所にある町ヴァインハイム。日本でも知る人のあまりいない小さな町でありながら、木組みの家が並ぶ歴史地区や季節ごとに花が咲き乱れる公園、町を見下ろす2つの古城など見どころも豊富です。

特に2つの古城、ヴァッヘンブルク城とヴィンデック城は、この町を象徴するシンボル的存在。町を見守るかのように2つの古城がそびえたつ様子からも、ヴァインハイムは「2つの城の町」と呼ばれているのです。

今回はヴァインハイムを象徴するこの2つの古城を訪れてみましょう。

まず紹介するのはヴィンデック城。ここから15kmほどの場所にあるロルシュ修道院を守る目的で1100年頃に建設され、周辺地域にある城のなかで最も古いもののひとつだと言われています。修道院の崩壊後はマインツ司教とプファルツ選帝侯のあいだで城の所有権争いが繰り広げられ、13世紀中ごろにライン宮中伯の所有となってこの争いは幕を閉じます。

30年戦争の戦乱をどうにかやり過ごしたものの、17世紀にはルイ14世率いるフランス軍が城を徹底的に破壊。これにより城塞として立て直すことはほぼ不可能となり、その後は市民により石切り場として利用されたのでした。現在ある建物はいかにも廃墟という感じで独特な雰囲気に包まれています。

塔の上からは町がよく見渡せるので、ぜひ上ってみましょう。

そして次に紹介するのが、ヴァッヘンブルク城。ヴィンデック城とは対照的に、学生同盟の集会所として20世紀初めに建てられた比較的新しい城です。入り口の門にはドイツ各地の学生同盟の紋章が掲げられ、つながりの強さの様なものを感じさせます。

敷地内に入るとそこは広いテラスになっていて、雰囲気のある建物を眺めながら食事などが楽しめます。

テラスのほか、雰囲気のあるレストランもおすすめ。

食事のほか周辺地域で醸造されたワインも提供しているので、興味のある方はぜひ地元産ワインを試してみてください。

特に夏場は結婚式の会場としても利用されることが多いヴァッヘンブルク城。筆者が訪れた際、写真の建物の中ではちょうど結婚式の準備をしているところでした。

ヴァッヘンブルク城ではほかにも、オープンエアーの映画鑑賞をはじめとする様々な文化イベントが開催されます。イベント情報は町のインフォメーションでも手に入るので、町を散策するまえに情報収集してみても良いでしょう。古城という珍しさも手伝い、旅のいい思い出になるかもしれません。

ヴァインハイムのシンボルであり、全く異なる顔を見せてくれる2つの古城。皆さんはどちらを訪れてみたいですか?