日本各地にはそれぞれの街や地域の方々がこよなく愛し、磨き上げられてきた絶品グルメが必ず1つや2つ存在する。

しかしその絶品グルメは、ほとんどの場合地元の人にとっては「常識」や「当たり前」のため、その街や地域以外の人にはなかなか知られることがないのが、現状である。

例えば、愛知県・安城市にある「北京本店の北京飯」や広島県・広島市にある「陽気のラーメン」、石川県・金沢市にある「グリルオーツカのハントンライス」、新潟県・新潟市にある「みかづきのイタリアン」、大阪府・大阪市にある「かどやの豚足」、長野県・上田市にある「日昌亭の焼きそば」北海道・札幌市にある「だるまのジンギスカン」などなど、さまざまな美味しいグルメがキラボシのごとく日本各地に輝きを放って存在している。

そんな日本各地の知られざる美味しいグルメの中から、今回は北海道札幌市が誇る美味しいチャーハンを味わえる喫茶店をご紹介したい。

お店の名前は「紙ひこうき」だ。

・1977年(昭和52年)創業の地元民に愛される喫茶店、それが「紙ひこうき」
こちらのお店、1977年(昭和52年)創業の地元民に愛される喫茶店。

1977年といえば、王選手がホームラン世界記録を達成し、日本の平均寿命が世界1位になり、白黒テレビ放送が廃止になるなど、日本が世界のトップを謳歌していた時代。

そんな時代に、地下鉄東西線バスセンター前駅3番出口の目の前に生まれた喫茶店は、今なお多くの人々に心地の良いジャズミュージックと癒しの空間を提供し続けているのだ。
2019-05-15 12.26.13

・美味しい喫茶メニューの中でも特にオススメなのが「焼肉チャーハン」
こちらのお店ではランチタイム限定のランチタイムメニューと
2019-05-15 12.00.45

通常提供されているグランドメニューの2つが存在している。
2019-05-15 12.00.32

どれも非常に美味しいので、どんなメニューもオススメなのだが、中でも非常にオススメなのが「焼肉チャーハン」だ。
2019-05-15 12.00.37

ゴマ油の香りがたまらないチャーハンに、豚ロースに生姜の効いた焼肉のタレを絡ませて焼き上げたものが載せられている焼肉チャーハンはボリューム満点の一品。
2019-05-15 12.12.32
2019-05-15 12.12.41

チャーハンだけでも非常に美味しいのだが、豚ロースの焼肉と一緒に味わえば、濃い味わいが非常にたまらない、「なまらうまい」チャーハンなのだ。
2019-05-15 12.14.27

・もちろんコーヒーも美味しい
もちろん喫茶店なのだから、コーヒーも非常に美味しい。

毎週欠かさず自家焙煎してお店へと運ばれているコーヒー豆は新鮮そのもの。

自家焙煎のオリジナルブレンドコーヒーを、店内のゆったりとした雰囲気と、心地よいジャズの音と味わえば、まさに最高の「紙ひこうき」タイムを味わうことができるだろう。
2019-05-15 12.03.42

もし札幌を訪れた時に少し時間があるのであれば、こちらの喫茶店を訪れてみてはいかがだろうか。

きっとそこには、札幌の観光地からは少し離れているからこその、札幌の地元の方々に愛されている味わいが存在しているに違いないのだ。

お店 紙ひこうき 札幌本店
住所 北海道札幌市中央区南一条東2-7 水協ビル 1F
営業時間 月曜日〜金曜日 8:00〜22:00 / 8:00〜20:00(12月〜3月) 土曜日 11:00〜17:00
定休日 日曜日、祝日
お店の公式ホームページ http://www.kamihikouki1977.jp/