エメラルドブルーに輝く海が広がる憧れのリゾート地、マイアミ。フロリダ州の都市で、一年を通して温暖な気候ということもあり、世界中から多くの観光客が訪れます。

またフロリダ州への日本人観光客の数は米国の全州の中で第4位にランクされているほど、日本人にも人気の観光地。

今回は、そんな世界中の人々が集まるマイアミで1913年開業以来100年以上続く老舗レストラン「ジョーズ ストーンクラブ(Joe’s Stone Crab」をご紹介しましょう。

・100年以上の歴史を感じるサービス・内観
店内に入ると、その歴史を感じざるを得ない重厚感のある空間が広がっています。わかりやすい豪華さや派手さはありませんが、どっしりとしたクラシックな空気感が漂います。

・注文マストの看板メニュー「ストーンクラブ(Stone Crab)」
お店の名前にもなっている「ストーンクラブ」とは、正式にはフロリダストーンクラブという巨大なツメが特徴のカニのこと。

店員の方が興味深い話を教えてくれました。

「我々はストーンクラブを殺さないんです。」と。

「ストーンクラブを食べにきているのに、どういうことだろう?」と思われる方もいるかと思いますが、説明を聞いて納得。

カニのツメを切断した後は、また海に返すとのこと。そうすると、そのツメは数年をかけて再生されるということ。

ストーンクラブを食べる=ストーンクラブツメの部分を食べる、ということのようです。

殻は丁寧に割られて提供されます。

手を使ってその殻を取ると、ぎゅっと詰まった身が姿を表します。

付け合わせでマヨネーズベースのソースが提供されますが、蟹肉そのものに旨味があるので、ソースをつけなくても美味しくいただけます。

・もう一つの看板メニュー「ロブスターロール(Robstar Roll)」
もう一つの看板メニューが、新鮮なロブスターの身がぎっしり詰まった、ロブスターロールです。

旨味がつまったロブスターに絶妙に絡むマヨネーズ。そしてその絶妙マヨロブスターが、バターが染み込んだカリッとしたパンと口の中で合わさり、それはもう・・・至福の美味しさです。

・その他のおすすめメニュー
実はこちらのお店、席につくとすぐに提供されるパンがあるのですが、こちらがとてつもなく美味。

食べすぎると後から困るので抑えようと思いつつも、美味しすぎて止まらなくなるので注意が必要です。

ビールが好きな方は、フロリダのクラフトビールをオーダーしても良いかもしれません。

トマトとベーコンのクラムチャウダーは、海鮮の旨味とトマトの旨味を感じる深みのあるスープで非常に美味です。

シーフードサラダは、ゴロゴロと大きな身のロブスター、蟹、エビ、貝などのシーフードをしっかり堪能できます。

マイアミで最も古いレストランの一つ、ジョーズストーンクラブ。

マイアミにきたら、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

お店 ジョーズ ストーンクラブ(Joe’s Stone Crab)
住所 11 Washington Ave, Miami Beach, FL 33139
営業時間 月曜日・日曜日 17:00-22:00 / 火曜日〜木曜日 11:30-14:30, 17:00-22:00 / 金曜日・土曜日 11:30-14:30, 17:00-23:00
公式ホームページ https://www.joesstonecrab.com/

IMG_4847

IMG_4849