「イスタンブール歴史地区」として世界遺産に登録されている、トルコ最大の都市イスタンブールの旧市街には、その独特の景観を構成する個性あふれる建造物がたくさんあります。

ローマ帝国時代のギリシア正教の寺院であったアヤソフィア博物館や、オスマン帝国時代にスルタンたちが住まったトプカプ宮殿、トルコ史上最高の建築家と評されるミマール・スィナンが設計を手掛けたモスク、モスクの運営を維持するために造られた迷路のようなバザールなど、数えだすときりがありません。

そんなイスタンブール旧市街のガラタ橋の袂にある、一際目を引く立派なモスクがイェニ・ジャーミィです。天に突き刺さるように真っ直ぐ伸びるミナーレとドーム状の屋根の美しい建築が特徴のこのモスクは、旧市街のエミノニュ地区のみならずイスタンブール歴史地区を代表するモスクで、改修工事中であるにも関わらず、毎日の礼拝の時間には多くの人が集まります。

「イェニ・ジャーミィ(Yeni Cami)」つまり「新しいモスク」は、当初は「ヴァリデ・スルタン・ジャーミィ(Valide Sultan Camii)」つまり「母后のモスク」として建設が始められましたが、その複雑な歴史の中で「イェニ・ヴァリデ・スルタン・ジャーミィ(Yeni Valide Sultan Camii)」「新・母后のモスク」として完成し、現在では「イェニ・ジャーミィ」と呼び親しまれています。

では、この母后、そして新しい母后とはいったい誰のことなのでしょうか。

イェニ・ジャーミィは、1597年にムラト3世の妻であるサフィエ・スルタンの命によって建設が始められました。これは彼女の息子のメフメト3世がスルタンの座に就いた1595年から2年後のことでした。メフメト3世は政治にはあまり興味を示さなかったため、実際は母后であるサフィエが政治、そしてハレムにおける権力をも握っていた時代でした。

イェニ・ジャーミィの建設も、サフィエの宗教心からというよりは、自身の権力や名声を高めるためであったともいわれています。

しかし、サフィエの存命中にモスクの建設は達成されませんでした。息子のメフメト3世が1603年に亡くなって以来、サフィエは母后という権力を失い、それはモスクの建設にも影響が及んだのです。

サフィエは1618年に、寝室で不審な死を遂げその生涯に幕を閉じましたが、これはムラト3世の寵妃ハンダンと、ハンダンと手を組んだハレムの宦官による仕業ではないかと考えられています。

結局、モスクは着工から半世紀以上たった1665年に完成しました。延びていた建設工事を終わらせたのは、メフメト4世の産みの母、つまりハレムで母后となって権威を振るっていたトゥルハン・ハティジェ・スルタンでした。こうして、オスマン帝国における初の女性による皇室モスクが生まれたのです。

イェニ・ジャーミィは現在工事中のため、モスクの中に入ることはできても、残念ながら鉄鋼や柵などで広範囲が覆われているためその美しい内装を見ることはできませんが、モスクに付属して造られたスルタンたちのための小さなキョシュクには無料で入場することができます。宮殿のようなこのスペースは、礼拝の前後にスルタンやその家族が集まったり時間を過ごすために造られたもので、トプカプ宮殿を装飾しているような美しいタイルが印象的な空間です。

イスタンブールに数あるモスクには、そのひとつひとつに当時の物語が詰まっています。こういった歴史を知りながらモスクを訪れてみると、世界遺産の街をより深く味わいながら散策できることでしょう。

名前 イェニ・ジャーミィ(Yeni Cami)
所在地 Rüstem Paşa, Yeni Cami Cd. No:3, 34116 Fatih/İstanbul