フィリピン航空は、首都マニラにあるニノイ・アキノ国際空港がハブ(拠点)となっているアジアでは最も長い歴史を持つ国営の航空会社。

7000以上の島を領有する島国であるフィリピンでは、国内の重要な移動手段として幅広い国民に利用されています。

2018年にはイギリス・スカイトラックスによる航空会社の格付けで、4つ星の認定を得るなど、近年ではサービスの拡充にも力を入れているそうです。

今回はそんなフィリピン航空の路線の中から、成田ーセブ路線のビジネスクラスについてご紹介しましょう。

・フィリピン航空のビジネスクラスのシート

成田ーセブ路線で使用されている機体はA321-200という機体。
IMG_4168

残念ながらシートはビジネスクラスというよりも少し広いエコノミークラス、という状態ですので、あまり期待せずに搭乗することをオススメします。ただ、他の航空会社よりも非常に安価な価格でビジネスクラスに乗ることができるので、その点については価格とサービスはマッチしていると思われます。
IMG_4149
IMG_4372
機内エンターテイメントは貸し出しされるiPadだけ、という状態なので、何かご自身で書籍やiPadに映画をダウンロードしておくなど、暇つぶしのためのグッズを用意しておいた方が良さそうです。
IMG_4165
IMG_4166
IMG_4167

・フィリピン航空のビジネスクラスのドリンク

フィリピン航空のビジネスクラスでは2、3種類のウェルカムドリンク(1種類はシャンパン、残りはソフトドリンク)が提供されます。
IMG_4180
IMG_4152

ビールやワイン、シャンパンにウイスキー、そしてコーヒーや紅茶など、様々なドリンクメニューが一通りそろっています。
IMG_4158
IMG_4159
IMG_4160
IMG_4161
IMG_4162
IMG_4163
IMG_4164

注文すると、軽食とともにドリンクを提供していただけます。
IMG_4169

・フィリピン航空のビジネスクラスの食事

フィリピン航空のビジネスクラスの食事は、和食と洋食が提供されています。
IMG_4157
IMG_4156
IMG_4155

和食は牛肉を中心としたボリュームのある食事となっています。
IMG_4171
IMG_4173

冷たいお蕎麦にあたたかい日本茶
IMG_4177

そして、暖かい味噌汁がついているのも、嬉しいポイントです。
IMG_4178

洋食の場合も充実しているメニューが提供されるので、和食を選んでも洋食を選んでも、どちらでもフライト中の食事を楽しむことができます。
IMG_4373
IMG_4374

成田ーセブ間はおよそ5時間のフライト。

もしフィリピンのビーチリゾートの1つ、セブを訪れることがあるのであれば、ビジネスクラスでの旅行を選択肢の1つとして選んでも良いかもしれません。

フィリピン航空の公式ホームページ >> https://www.philippineairlines.com/ja-jp/jp/home

IMG_4146

IMG_4182

IMG_4185

IMG_4189

IMG_4191

IMG_4200

IMG_4196