日本各地にはそれぞれの街や地域の方々がこよなく愛し、磨き上げられてきた絶品グルメが必ず1つや2つ存在する。

しかしその絶品グルメは、ほとんどの場合地元の人にとっては「常識」や「当たり前」のため、その街や地域以外の人にはなかなか知られることがないのが、現状である。

例えば、愛知県・安城市にある「北京本店の北京飯」や広島県・広島市にある「陽気のラーメン」、石川県・金沢市にある「グリルオーツカのハントンライス」、新潟県・新潟市にある「みかづきのイタリアン」、大阪府・大阪市にある「かどやの豚足」、長野県・上田市にある「日昌亭の焼きそば」北海道・札幌市にある「だるまのジンギスカン」などなど、さまざまな美味しいグルメがキラボシのごとく日本各地に輝きを放って存在している。

そんな日本各地の知られざる美味しいグルメの中から、今回は千葉県千葉市が誇る学生に愛される街中華のお店をご紹介したい。

お店の名前は「北京亭」だ。

・千葉大学の学生に愛される1965年(昭和40年)創業の老舗街中華、それが「北京亭」

こちらのお店、千葉大学のキャンパスの目の前にある創業1965年(昭和40年)の老舗街中華。

1965年(昭和40年)と言えば、初の国産旅客機YS-11が就航し、海外団体旅行用の「ジャルパック」が発売開始された年。

プロ野球においては、現在まで続くドラフト制度の始まりである第1回ドラフト会議開かれ、大学生が史上初めて100万人を突破するなど、その後の日本の発展を予期させるような様々な出来事があった年なのだ。

そんな日本ののちの爆発的な発展を予感させるような出来事とともに産まれた「北京亭」は、千葉大学のキャンパスの目の前で、多くの学生たちを中心にボリューム満点の中華料理を提供し続けてきたのだ。
IMG_1192

IMG_1193

・早くて安くて美味しくてボリューム満点、それが「北京亭」の流儀

こちらのお店、メニューのどれもが美味しくてボリューム満点、そして提供が非常に迅速で、お財布にも優しい、という街中華の鏡のような存在のお店。

そのため頼みすぎには注意が必要だ。
IMG_1181
IMG_1180

様々なメニューがあるのだが、もしかしたら西千葉を代表するB級グルメと言っても過言ではないほどの美味しさを誇るメニューを注文してみるのはいかがだろうか?

そのメニューとはこちらのお店の名前を冠した「北京亭ライス」だ
IMG_1179

注文すると非常にスピーディーに提供される北京亭ライスだが、その味わいは折り紙付きといってよい。

たっぷりの玉ねぎと豚バラ肉を、焼肉ダレで香ばしく炒めた焼肉に千切りのキャベツと紅生姜が載せられた北京亭ライスは、非常に香ばしいかおりを届けてくれる。
IMG_1187
IMG_1189

スプーンでひとくち味わえば、濃厚な焼肉の味わいとシャキシャキとした玉ねぎにキャベツ、そしてキャベツの千切りに忍ばせてあるマヨネーズの味わいが渾然一体となり、えも言われぬ味わいを堪能することができるのだ。

まさに北京亭の真髄を味わえるメニューの1つと言っても過言ではない。
IMG_1191

他にも胡椒の強烈なスパイシーさがたまらないネギチャーシューに
IMG_1184
IMG_1185

ボリューム満点の唐揚げなど、美味しいサイドメニューも見逃せない。
IMG_1183
IMG_1186

もし千葉県千葉市を訪れることがあるのであれば、千葉大学の学生さんも足繁く通う、ボリューム満点の街中華で美味しいメニューを味わってみてはいかがだろうか。

お店 北京亭 西千葉店
住所 千葉県千葉市稲毛区弥生町2-21
営業時間 月曜日〜金曜日 11:00〜14:30 / 17:00〜21:30 土曜日 11:00〜14:30 / 17:00〜20:30
定休日 日曜日

IMG_1176

IMG_1192