トルコ最大の都市イスタンブールは、首都がアンカラに遷るまで、オスマン帝国の帝都として栄えました。帝都イスタンブールを象徴するのは、なんといってもその美しいモスクの数々。特に、トルコ史上最高と評される宮廷建築家ミマール・スィナンの設計によるものは群を抜いて異彩を放っています。

イスタンブールにおけるスィナンのモスクを代表するものといえば、世界遺産に登録されているイスタンブール歴史地区内にあるスレイマニエ・モスクです。オスマン帝国を最盛期に導いたスレイマン大帝のために造られたもので、ボスポラス海峡を隔てた先にあるアジア側の丘の上にチャムルジャ・モスクが開堂するまではイスタンブールで最も大きなモスクのひとつでした。

460年以上前に完成し、いまでも多くの人々の祈りの場として機能しているスレイマニエ・モスクは、あまりにも大きなモスクのため敷地内からはその全貌を捉えるのが難しいほどです。そんなスレイマニエ・モスクを絶妙な角度で眺めることができる、知る人ぞ知る穴場のカフェ「ミマール・スィナン・テラスカフェ」の魅力をご紹介しましょう。

モスクの設計者スィナンの名に因んだ「ミマール・スィナン・テラスカフェ」は、モスクからほんの徒歩5分ほどのところにあります。このカフェからは、スレイマニエ・モスクの美しい全貌を捉えることができるほか、さらなる魅力が隠されています。

丘の斜面の途中に建っているというカフェの立地を上手く利用して、モスクのちょうど反対側にあるイスタンブールの絶景をも楽しむことができるようになっているのです。

カフェから眺めることができるのは、金角湾の向こう側に見えるヨーロッパ側の新市街のスカイラインです。新市街を象徴するガラタ塔のほか、旧市街と新市街を結ぶガラタ橋、湾からボスポラス海峡へと抜けていく連絡船や海上を優雅に飛び交うカモメでさえも間近に見ることができます。

さらに視線を右に移すと、旧市街にスィナンが建てたリュステム・パシャ・モスクのドーム屋根や、時の母后サフィエ・スルタンによるニュー・モスク(イェニ・ジャーミィ)、さらにスルタンたちの居城であったトプカプ宮殿がある宮殿岬といった旧市街側の絶景までをも堪能することができるのです。

丘や斜面が多いイスタンブール独特の地形を活かしたカフェ「ミマール・スィナン・テラスカフェ」からは旧市街と新市街両方の絶景、そしてスレイマニエ・モスクを絶妙なスポットから捉えることができます。イスタンブールらしさを存分に堪能できるこのカフェに旅の途中で立ち寄れば、きっとこの街の魅力を何倍にも増して感じることができるはずです。

名前 ミマール・スィナン・テラスカフェ
所在地 Demirtaş, Fetva Ykş. No:34, 34134 Fatih/İstanbul