バルカン半島上にあり、かつてはユーゴスラビアの一部だったモンテネグロ。世界遺産の町コトルやアドリア海沿岸のリゾート地プドヴァなど南部に人気が集まっている一方、その他の地域にも手つかずの自然を主とした見どころが数多くあります。

そのひとつが、「ヨーロッパのグランドキャニオン」として親しまれているタラ渓谷。秘境と呼ぶにふさわしい山奥の渓谷には手つかずの自然風景が残るほか、渓谷の上を滑走するジップラインや川でのラフティングなどアクティビティも豊富です。

モンテネグロ北部に広がるドゥルミトル国立公園内にあるタラ渓谷。全長約80km、深さは最大1300m(平均1000m以上)にもなり、ヨーロッパで最大規模を誇ります。

タラ渓谷に架かっている橋は、なんとたったの1つだけ。アーチが美しいこの橋は1940年に完成して以来、渓谷の両側をつなぐ重要な役割を果たしているのです。

全長350mの橋は車または徒歩で渡ることができ、橋の上からは世界遺産に登録されている大自然の風景が楽しめます。

橋の上から見える風景。起伏に富んだ渓谷内では豊かな生態系が育まれ、シャモア(カモシカの仲間)やイヌワシをはじめとする貴重な動物たちも生息しているのだそうです。

視線を下へうつすと、エメラルドグリーンに輝く川が流れているのが見えます。美しい風景が楽しめる橋の上ですが、その高さは150m。高いところが苦手な方は、あまり下をのぞきこまない方が良いかもしれません。

タラ渓谷にきたらぜひチャレンジしたいのが、渓谷の上を滑走するジップライン。橋と並行するようにして、渓谷の片側から反対側までスリル満点の空中散歩が楽しめます。

ロープにぶら下がって滑っていく2人の姿が見えますか?スピードはそこまで出ませんが、足元は目もくらむような高さ。「我こそは!」という方はぜひ挑戦してみてください。

このほか、川を下るラフティングも人気。橋の上から望むよりも大自然がより身近に感じられ、運が良ければ動物たちの姿も見られるかもしれません。

豊かな自然が織りなす絶景がたのしめるタラ渓谷。日本人にとってまだ馴染みのないモンテネグロですが、コトル湾や今回のタラ渓谷もふくめ美しい自然風景が多いというのは確かなようです。

タラ渓谷をはじめとする北モンテネグロ各地へは、コトルから日帰りツアーが出ています。交通の便が悪く個人旅行ではアクセスが難しい所も多いので、心配な方はツアー利用も検討してみてください。