クロアチアの人気都市ドゥブロヴニク。アドリア海に面した旧市街は立派な城壁に囲まれ、海洋大国だったこの町の歴史を訪れる者に語りかけてくれます。

真っ青なアドリア海とオレンジ屋根のコントラスト、太陽を受けて輝く歴史的建造物など日中の街並みも素敵ですが、実はドゥブロヴニクは夜も素敵。旧市街全体がセンス良くライトアップされ、その中での散策は格別なのです。

夜の散策を楽しむには、まず日没が何時頃なのかを確認しておきましょう。夏は太陽の昇っている時間が長いヨーロッパ。ドゥブロヴニクの場合は6月後半の日没時間が8時半ころになり、それが7月後半から8月頭にかけては8時前後、8月後半にかけては7時半ごろに日が沈みます。

散策のまえにウォーミングアップとして、アドリア海の夕日を眺めるのもおすすめ。旧市街の南側、大聖堂から真南へ進んだあたりには手頃なバーがあり、海岸に面した特等席でビールやカクテルが楽しめます。

昼間は真っ青だった空が時間の経過とともにオレンジからピンク、紫へと色を変えていく様子はなんともメランコリックですね。

バーへの入口は城壁の一部になっていますが、小さいので少し見つけにくいかもしれません。まさに知る人ぞ知る「隠れ家」のようです。

日が暮れたらさっそく夜の旧市街散策をはじめましょう。暗くなると同時に建物に灯りがつき、神秘的な光景が目の前にひろがります。

昼間とは印象がガラリと変わった旧総督邸。

大聖堂へ続く階段の周辺にはレストランが並び、人々の楽しそうな声が響きます。

旧港では1日の役目を終えたボートが、静かに並みにゆられています。港に面したレストランでは、ディナー用にオシャレをして食事を楽しむ人々の姿が。

ここからは町の背後にそびえるスルジ山もよく見えます。ゆっくりと色を変えながら輝く電波塔は、遠くからでもはっきりと分かりますね。

町を象徴する建物のひとつでもある時計塔周辺では、暗闇のなかに浮かび上がる建物がどことなく中世の雰囲気。明るすぎない照明が、建物の魅力を引き立たせているかのようです。

時計塔からピレ門まで続くメインストリートも、夜10時前なのにこの活気。遅くまで営業している店も少なくなく、夜までめいっぱい楽しみたい観光客には嬉しい限りです。ピレ門そばには11時まで営業しているアイス屋さんもあり、筆者の訪問時にも1日の閉めくくりにアイスを買い求める人が沢山いました。

でも夜の散策をするときは、人気のない路地などは避けた方が良いかもしれません。

大通りなど人が多い場所を歩く分には夜でも怖くはないというのが、筆者の感じた印象です。

センスの光るライトアップが美しい夜のドゥブロヴニク。ぜひ町に宿泊して、日中とはまた違った町の姿を楽しんでみてください。