北欧の国々の中でも最南端にある国デンマーク。

デンマークの大きさは日本の九州と同じくらいの大きさ。ドイツとつながるユトランド半島、406の島々、フェロー諸島、世界最大の島グリーンランドで形成されている島国です。

日本でも知られているデンマークのものを挙げると、高級オーディオメーカーのバング&オルフセン、おもちゃのレゴや陶磁器のロイヤルコペンハーゲンが知られています。

島国なので海運大国としても知られており、世界最大のコンテナ船企業、APモラー・マースクグループの発祥地でもあります。

今回は、そんなおしゃれな島国デンマークの家庭で実際に食べられている伝統料理を3つ厳選してご紹介しましょう。

日本でも手に入る材料がほとんどなので、作ってみるとデンマークにいる気分になるかもしれません。

1. 子供も大人も大好き!デンマークで家庭の味「フリカデラ(Frikadeller)」

フリカデラは、日本でいうミートボールのようなものですが、デンマークのミートボールは平たい形をしています。

豚肉と牛肉の挽肉に卵、みじん切りの玉ねぎ、小麦粉、牛乳、塩と胡椒を加えて捏ねて焼き上げれば出来上がりです。強火のフライパンにバターかラードを入れて焼き上げると、デンマークの味に近づきますが、普通の調理油でも構いません。

デンマークの主食は米というよりはジャガイモ。

ジャガイモをまるごと茹でて、フリカデラと一緒に添えて一緒に味わえば、気分はもうデンマーク。カリフラワーやニンジン、インゲンなどの温野菜を添えるとさらにデンマーク感が増すと思います。

2.ボリューミーな「揚げた豚肉のパセリソース添え(Steget flæsk med persillesous)」

この料理のデンマーク語を直訳すると「ローストポークのパセリソース添え」ですが、ローストというよりは、薄切りの豚肉を油で揚げている料理です。

薄切りの豚肉に小麦粉をまぶし、油で揚げ焼きにすると、もう出来上がり。

パセリソースは粉末上にしたパセリ、小麦粉、牛乳、バターを混ぜ、塩・胡椒で味付けします。家庭によっては、パセリを添えるだけのところもありますので、薄切りの豚肉を油で揚げ焼きしてパセリを添えるだけでデンマークの味になります。

このメニューでもジャガイモや茹でたニンジンを添えると、さらにデンマーク感が増します。

3.デンマークのパンはウィーンのパン?「デニッシュ」

デニッシュというパンの種類ですが、日本では、ベーカリー「アンデルセン」で販売されたのが初めてです。

1959年、タカキベーカリー創業者・高木俊介氏がデンマークを訪れた際、このパンに感動したため、販売するようになったそうで、その由来からデニッシュと呼ばれています。

でもデンマークでは、このパンを「デニッシュ」とは呼びません。

デンマークではウィーンのパンを意味する「ヴィナーボー(Wienerbrød)」と呼ばれています。

デンマークでは「デニッシュ」パンはオーストリア、ウィーンが発祥の地とされているため、「ヴィナーボー(Wienerbrød)」と呼ばれています。

デニッシュ生地は中力粉、ドライイースト、砂糖、牛乳、バター、卵といった少量の材料でできますが、デニッシュ生地そのものもスーパーに売っています。

現地では、生地の中にリンゴを入れて焼くパターンが多いですが、ブルーベリーやストロベリー、カスタードなどを入れることも。

冷凍のパイシートを活用して作れば簡単にデニッシュを作ることが可能です。

簡単に作れるデンマーク料理と北欧風の食器やテーブルクロスを揃えて、たまにはデンマークの家庭料理を楽しんでみてはいかがでしょうか?