九州の首都、福岡。博多ラーメンや水炊きなど、さまざまな名物料理もありますが、「昔ながらの洋食が食べたい」という気分になることもあるのではないでしょうか。

福岡市中心部で洋食を食べるなら、なんといっても「グリルカジン」。むっちりしたフォルムがたまらない、名物オムレツライス(オムライス)は絶品です!

「グリルカジン」は、福岡市の中心地・天神駅から徒歩5分という絶好のロケーションを誇る洋食屋さん。しかし、ビルの5階にあるため、店内は繁華街の中心とは思えないほど落ち着いています。

ちょっぴり懐かしい、いい意味でゆるい空気が流れていて、おひとりさまにも入りやすい雰囲気。

いまや「天神で洋食ならグリルカジン」といわれるほどの地位を確立したグリルカジンは、東京の洋食の名店「グリル満天星 」で修行したシェフがオープンしたお店。

「何を食べても、本当に美味しい洋食を、リーズナブルにお楽しみ頂きたい・・・」をモットーに、スープやソースにいたるまで手間ひまかけた手作りにこだわっている洋食店です。

グリルカジンの名物メニューのひとつが、オムレツライス(オムライス)。サイズは、S・M・Lから選べます。(写真はMサイズ)

一口に「オムライス」といっても、お店によってスタイルはさまざまですが、グリルカジンのオムレツライスは、ケチャップライスの上にとろとろ卵のオムレツをのせた一品。

真っ白になお皿に載って登場したオムレツライスは、オムレツの鮮やかな黄色とむっちりしたフォルムがなんとも食欲をそそります。そう、おいしい洋食って見た目も美しいんですよね。

鮮やかな色合いからも感じられるように、オムレツライスの卵は、糸島の板垣ファームのこだわり赤卵を使用。黄身が濃く、白身の鮮度も桁違いなんだそうです。

期待に胸を高鳴らせながらオムレツにスプーンを入れると、トロットロの半熟卵がお目見え。まだ食べていないのに、おいしさを確信しました。

実際に食べてみると…やはり期待を裏切らないクオリティ。

卵のトロトロ具合は「完璧」。きのこや玉ねぎなどでじっくり煮込んだデミグラスソースは、素材のうまみが凝縮されたほのかな甘みが後を引きます。

ケチャップで味付けした自家製ベークドライス(ピラフ)は、濃すぎないやさしい味わいで、卵とデミグラスソースのおいしさを引き立ててくれます。これは、東京・日本橋の名店のオムライスにも引けをとらないのでは?

昔からあるシンプルな料理だからこそ、素材の良さや手間ひまがものを言う。

見ておいしい、食べてもおいしいグリルカジンのオムレツライスは、子どもから大人まで、誰もを幸せにしてくれる逸品でした。

テレビでも紹介された、お肉のうまみたっぷりの「Kajin特製ハンバーグステーキ」も人気メニュー。何度も足を運んで、色々なメニューを試してみたくなりそうです。

名前 グリルカジン
住所 〒810-0041福岡県福岡市中央区大名2-1-58 モンブランビル5F
電話 050-3491-1823
公式ホームページ https://grillkajin.gorp.jp/

※新型コロナウイルス感染拡大に伴い、2020年5月31日現在ランチタイム(11:00〜15:00)のみ営業中。最新の営業状況は店舗ホームページ等をご確認ください。