名古屋駅から名鉄電車(名古屋本線)で約15分でアクセスできる愛知県稲沢市。尾張大国霊神社(国府宮神社)があることで知られ、のどかな田園風景が広がる名古屋のベッドタウンです。

そんな稲沢市にあるティールーム「ル・カフェ プルミエール」では、セレクトティーや毎朝厨房で焼き上げるスコーン、季節のフルーツパフェやフルーツサンドを販売しており、市外からも多くのお客さんが訪れます。

営業時間は9時〜17時で、開店から11時までのモーニングの時間帯は、ドリンクを注文すると無料で自家製スコーンと紅茶ゼリーが付いてくるのでお得です。

ル・カフェ プルミエールはお茶のメニューが豊富で、オリジナルセレクトティー(プルミエールティー、ダージリン、アールグレイ、木イチゴ、白桃、バニラフレジェ、)、ハーブティー(ルイボス・ルージュ、アップルシナモン)、ロイヤルミルクティー、コーヒーなどがそろっています。

紅茶はポットサービスで、たっぷりカップに2杯は楽しめる量です(※ロイヤルミルクティーなど一部のメニューを除く)。

ドリンクの価格は550円〜600円で、11時までならどれを頼んでもモーニングサービスが付きます。

モーニングサービスのスコーンにはクリームやジャムは付きませんが、温めてサーブしてくれるので、芳醇なバターの香りが漂い、サクッ、ホロッとした食感でおいしいです。

モーニングの時間帯以外は、通常メニューのスコーンも注文できます。スコーン2個にクロテッドクリームとジャムが付いて価格は450円です(モーニングの時間帯に注文すると100円引き)。

やや小振りながら、上質なスコーンの証である”狼の口”(スコーンの腹にできる割れ目)がしっかりとできています。

ル・カフェ プルミエールのクロテッドクリームにはマスカルポーネが使われていて、上品な甘みとなめらかなコク、やわらかい舌触りが特徴です。

自家製スコーンは店内でいただくほか、テイクアウトも可能です。また、季節や曜日により種類が異なりますが、自家製スコーンを使ったスコーンサンドも揃っています。

プレーンスコーンに自家製クリームを挟んだスコーンサンドや、紅茶スコーンにクリーム&マーマレードを挟んだ紅茶スコーンサンド、プレーンスコーンにクリーム&カット苺を挟んだ苺スコーンサンドなど、見た目もかわいく、手土産にも喜ばれそうです。

サクッ、ホロッとした歯触りでバターと粉の美味しさがしっかりと味わえるル・カフェ プルミエールのスコーン、ぜひ一度味わってみてください。

毎週金曜日はスコーンデーとして、テイクアウト用のスコーンの品ぞろえが豊富です。最新情報はle.cafe.premiere公式インスタグラムで確認できます。

店名 ル・カフェ プルミエール
住所 愛知県稲沢市松下二丁目12-13エクセランス森島Ⅱ
営業時間 9:00〜17:00(モーニングは11:00まで)
定休日 木曜日
駐車場 数台分あり

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア