多民族国家マレーシアは、マレー料理、中華料理、インド料理、そしてニョニャ料理(19世紀後半までにマレーシアに移住した中華系移民男性が現地の女性と結婚し、生まれた子孫=プラナカンの家庭料理)とさまざまな料理を食べることができる、食いしん坊にはおすすめの旅行先です。

日本人の口にあう料理も多く、バラエティ豊かで食べ飽きることがありません。

とはいえ、まだまだ海外旅行は難しいこのご時世、日本にいながらマレーシア旅行気分を味わえるレストランでおいしいマレーシア料理を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

東京都千代田区九段南の「MASAK MASAK(マサマサ)」は、マレーシアの家庭料理を食べられるお店です。「MASAK MASAK」は マレー語で「ままごと」や「料理を作る」という意味です。

店内の棚にディスプレイされている、円形の2段・3段重ねの弁当箱はティフィンと呼ばれるもの。MASAK MASAKではこのティフィンに詰まったマレーシアの家庭料理を楽しめます。

ランチメニューは、ナシレマッ、醬油チキンライス、カレーラクサ麵、日替わりティフィンランチなど。いずれも1,000円ほどの手頃な料金で本格的なマレーシア料理が楽しめます。

この日のティフィンランチは、きくらげと豚肉炒めと、茹でた青菜に自家製にんにく醬油ソースをかけたものでした。ティフィンは蓋をしめた状態で運ばれてきて目の前で開けて並べてくれます。

フライドオニオンをトッピングしたご飯、副菜、仙草ゼリー付きでボリュームも十分です。

衣に甘辛いタレがしみ込んだお肉はジューシーで、肉厚のきくらげはコリコリした食感も楽しく、ご飯によく合います。

青菜のにんにく醬油ソースがけも、パンチが効いていて、これまたご飯が進むお味でした。

春限定の「オンデオンデ」があったので、食後のデザートに頼んでみました。

オンデオンデは、もち米とパンダンリーフ(ハーブの一種)の汁、パームシュガーを混ぜた緑色の生地の中央にパームシュガーのペーストを入れて丸め、茹でたあとココナッツをまぶしたマレーシアの伝統菓子です。

歯を立てると、コクのある甘さとどこか懐かしくなるおいしさが口いっぱいに広がります。茹でたてのやわらかくて温かいオンデオンデを日本で食べられるなんて、と感激しました。

このオンデオンデは期間限定のデザートですが、通年メニューとして、香りのいいパンダンリーフを使ったパンダンシフォンケーキ、花生糊(ピーナッツのお汁粉)などがあります。

ドリンクは、普通のコーヒーや紅茶のほか、テータリック(マレーシアやシンガポールのミルクティー)やミロ、ライムティーなどもあって、東南アジア気分を味わえそうです。

こちらは2022年4月より発売開始したという、MASAK MASAK自家製のカヤジャムです。お店のメニューであるカヤトーストに使われているのと同じものとのこと。

カヤジャムは、ココナッツミルクに砂糖、パンダンリーフ、そしてたっぷり卵を加えたスプレッドで、マレーシアやシンガポールではよくトーストに塗って朝食に食べられます。

この自家製カヤジャムはキャラメルのような癖になる甘さでとてもおいしかったので、甘いスプレッドが好きな人や、東南アジアで食べたカヤトーストが懐かしい人はぜひ試してみてください。

またマレーシアに行けるその日が来るまで、日本で少しマレーシア気分を味わってみませんか。

店名 MASAK MASAK(マサマサ)
住所 東京都千代田区九段南3-5-5グレース和平1F
アクセス 総武線「市ヶ谷」駅より徒歩8分、有楽町線「市ヶ谷」駅より徒歩8分、半蔵門線「九段下」駅より徒歩10分
営業時間 ランチ 11:00〜15:00、ディナー 17:00〜21:00
定休日 日曜日・祝日・第一、第三月曜日

公式サイト https://masakmasakjp.com/home/

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア