大阪・梅田の地下街「ホワイティうめだ」に2019年12月にオープンした「NOMOKA(ノモカ)」は、昼から気軽に飲んで楽しめるバル街です。

「NOMOKA(ノモカ)」という名前は「ちょっとノモか!」という大阪弁に由来しており、和食・洋食・ワインバー・ビアバーなど気軽に立ち寄れるお店が17店舗並んでいます。

今回紹介する「グランポレール ワインバー オーサカ」はそんなNOMOKAのお店のひとつ。日本のプレミアムワイン「グランポレール」が運営するセレクトショップでで、関西初上陸となります。

入り口からはカウンター席とテーブル席数席しか見えまぜんが、店内は奥が広くなっており、50席ものダイニングシートが用意されています。少し暗めのしっとりした雰囲気で、通行人の姿も見えないので、落ち着いて飲みたい人や会話を楽しみたい人におすすめです。

グランポレールワイン全28種類がそろっており、グラスワインはもちろん、少量のワインが3種類セットになった飲み比べセットもあります。11時〜19時までと長時間のハッピーアワーが設定されており、グラスワインが390円(税込429円)で飲めるので、昼飲みはかなりお得です。

おつまみやフード類も種類豊富で価格も手ごろなので、ワインといっしょにあれこれ楽しめます。上写真はチーズ盛合せ3種。枝付き干しぶどうや薄切りのパンといっしょに出てきました。

グランポレール ワインバー オーサカのおすすめメニュー、牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。ホロホロになるまで煮込まれたお肉にお濃厚なソースがよく絡み、ワインとの相性が抜群です。

5種類あるピンチョスは、好きなものを1つから注文できます。上写真は桜肉と九条ネギのタルタルソースがのったピンチョス。牛肉ではなく桜肉のタルタルは珍しいですね。

ピンチョスは小さいフィンガーフードのイメージがありますが、このお店のピンチョスは大きくて食べ応えがあります。

ペンネ・ゴルゴンゾーラ。パスタ、ピザ、リゾットなどイタリアンメニューも種類豊富です。

ラムチョップのグリルは、臭みのないラム肉を香草パン粉で焼いたもので、外側がかりっと香ばしく、内側はしっとりジューシーな食感が楽しめます。ぜひグランポレールの赤ワインといっしょに味わってみてください。

グランポレール ワインバー オーサカは、梅田駅直結ではなく徒歩3分ほどの距離がありますが、手頃な料金でおいしいワインとおつまみやフードを楽しめるのが魅力。特に11時〜19時ハッピーアワーがとてもお得なので、大阪・梅田周辺で昼飲みをしたいときにおすすめです。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

店名 GRANDE POLAIRE WINEBAR OSAKA (グランポレール ワインバー オーサカ) ホワイティうめだ店
住所 大阪市北区堂山町梅田地下街3-4号 イーストモール「NOMOKA」内
アクセス 梅田駅徒歩3分
定休日 なし(ホワイティうめだに準ずる)
営業時間 11:00〜23:00

公式サイト https://www.ginzalion.jp/shop/brand/grandepolaire_osaka/shop94.html