どんな居酒屋にもそのお店に通う人々の思いが重なり、そしてそのたくさんの思いはそれぞれの居酒屋が醸しだす独特の雰囲気となっていく。それゆえ、日本各地に多く人々を虜にする居酒屋がキラ星のごとく数多存在しているのだ。

例えば、あの吉田類も絶賛する大衆酒場、東京・江東区南砂町の「山城屋酒場」に、新潟の郷土料理からラーメンや洋食まで味わえる新潟市・古町の老舗居酒屋「喜ぐち(きぐち)」、北海道随一の日本酒の品揃えと美味しいツマミのお店札幌市北区「味百仙(あじひゃくせん)」、食い倒れの町大阪では、鴨の焼き鳥が味わえる「とり平」、そしてあの開高健も愛したクジラのおでんが楽しめるたこ梅、さらには名古屋にいったら絶対に行っておきたい居酒屋「歓酒亭 大安(かんしゅてい だいやす)」などなど、数え上げればキリがない。

そんな全国にある美味しい居酒屋の中から、今回は、広島県福山市が誇る最高の大衆食堂兼居酒屋をご紹介したい。

お店の名前は「自由軒」。

・1951年(昭和26年)創業の福山市民がこよなく愛するお店、それが「自由軒」
こちらのお店、1951年(昭和26年)に創業した、福山市民なら誰でも知っているといっても過言ではないお店。

1951年(昭和26年)といえば、第二次世界大戦が終わり、わずか6年しか経っていない年。

時代は朝鮮戦争の真っ只中であり、戦争特需によって戦後の日本が徐々に豊かになっていく、そんな時代であった。

当時は、第1回NHK紅白歌合戦が放送され、日本初のプロレスが興行され力道山がデビューするなど、ラジオからテレビへと時代が移り変わり、さらには日本航空が設立され、飛行機の営業もスタート、現在の日本へと繋がる事業が次々と勃興していた、そんな時代に、こちらのお店は産声を上げたのだ。

そんなお店は、いまなお、開店から行列ができるほどの人気店として、福山市民だけでなく多くの人々から愛されて続けているのだ。
IMG_2173

・さまざまな美味しいメニューが揃う
こちらのお店、どのメニューを味わっても最高の時間を過ごすことができる。

まず味わっておきたいのが、特製のミソダレが添えられるおでんだ。

あっさりとしたダシが効いたおでんはそれだけでも非常に美味なのだが、さらにそこに特製のミソダレをつけて味わえば、味噌のコクと旨みが加わって、このお店でしか味わえない、最高の味わいを堪能できる。
IMG_2174
IMG_2175

そして地元の方が必ず頼むメニューの1つが、ネギ豚だ。

長ネギを厚めの豚バラで巻いて、カラッとラードで揚げた逸品は、これまた非常に美味。

あつあつのネギはどこまでも甘く柔らかで、豚バラとの相性も抜群。しっかりと胡椒が効いているので、さっぱりとしており、何個でも味わうことができると思えるほどだ。

そしてこのネギ豚に、おでんの味噌ダレをつけて味わう、というのも地元の方の味わい方なので、ぜひ試してみてもらいたい。
IMG_2178

他にも様々なメニューがあり、さまざまなドリンクメニューが存在するため、こころのゆくままにオーダーし、福山市民の方々の優しい雰囲気にどっぷりと浸って、自由な時間を過ごしてもらいたい。
IMG_2184

IMG_2185

IMG_2187

IMG_2188

IMG_2181

IMG_2176

IMG_2179

・シメに味わいたい福山ラーメン
美味しいメニューを心ゆくまで味わったのなら、最後の締めにおすすめしたいのが、自由軒のラーメンだ。

醤油の美味しい、オーソドックスなラーメンなのだが、これがまた格別なのだ。

シンプルすぎるゆえに、その味わいの奥行きをしっかりと感じられるラーメンは、まさに福山を代表するラーメンといっても過言ではない。
IMG_2189

IMG_2193

IMG_2191

IMG_2190

広島県福山市で多くの人々から愛され続ける名店、自由軒。

洋食メニューから居酒屋メニュー、定食メニューまで、どれを味わっても最高の味わいを楽しめるコの字カウンターは、どんなに時間が経とうとも、これまでも、そしてこれからも、多くの人々に幸福な時間を与えてくれるに違いないのだ。

そんなお店の雰囲気にしっかりと入り込んだのなら、きっとこれまでよりももっと、福山市のことが好きになってしまうに違いないのだ。

<お店の情報>
お店 自由軒
住所 広島県福山市元町6-3
営業時間 11:30〜22:00
定休日 火曜