1868年(明治元年)9月8日、一世一元の制を定められたうえで、明治と改元されたことによって始まった明治時代。明治の時代には多くの海外の文化が流入し、それによって、日本においても多くの発明や技術発展が勃興していく。

そんな急激な西洋化が進む日本において、今なお多くの人々に愛されている、ある画期的なグルメが誕生したのだ。それが日本が世界に誇るべきグルメの1つ、洋食。

トンカツ、オムライス、カキフライ、エビフライ、ハヤシライスなど、誰もが知っているこれらの代表的な洋食メニューは、1895年(明治28年)に銀座ガス灯通りに創業した1軒のフランス料理店「煉瓦亭」から生まれたのだ。

中でも洋食店だけでなく、町の喫茶店などでも親しまれている子供から大人まで大好きなメニューといえばオムライス。様々な具と一緒に炒められたケチャップライスを、卵で包んだオムライスは、非常にシンプルな料理でありながら、ハレノヒを飾ることもできるほど豪華で嬉しい料理ともなり得る。

今回は全国に存在する美味しいオムライスを味わえるお店の中から、中華料理店でありながらオムライスを味わうために行列ができるという、浅草にある老舗の中華料理店をご紹介したい。

お店の名前は「中華料理 ぼたん」だ。

・昭和23年(1948年)創業の浅草の名店「中華料理 ぼたん」
こちらのお店の創業は昭和23年(1948年)。昭和23年(1948年)といえば、戦後から僅か3年しか経っていない年。
この年は、10歳の美空ひばりさんがデビュー、第1回NHKのど自慢が始まり、プロ野球で初のナイターが開催されるなど、戦後の混乱の中でも力強い復興のきざしを感じられた年。

そんな時代に、こちらのお店は産まれ、今なお、多くの人々に美味しい中華料理を提供し続けているのだ。
IMG_2086
・中華の火力で仕上げられる香ばしい王道のオムライス
こちらのお店、中華のメニューも様々あるのだが、やはりオムライスがオススメだ。

こちらのお店のオムライスは、昔からあるしっかりと焼き上げた卵で包んだ王道のオムライス。
IMG_2096

まず一口味わってみれば、その素晴らしさがわかるだろう。

大ぶりにカットされたタマネギ、ピーマン、鶏肉、そしてお米が、しっかりとケチャップで炒めあげられている。他店との違いやおいしさの理由を推測するのであれば、それは火力と中華の技にあるのではないか?と筆者は考える。

中華のメニューである炒飯に代表されるように「炒」という技巧は、圧倒的なカロリーの火力を恐れずに御せるそのテクニックである。

強力な火力によって煽られたケチャップライスは、中華の技巧によってしっかりと香ばしく仕上げられると考えられる。
IMG_2098

・中華のメニューも非常に美味
もちろん中華のメニューも非常に美味である。

和のテイストをしっかりと感じる美味しいチャーシューに
IMG_2090

野菜と肉の美味しさをしっかりと閉じ込めた餃子など、様々な中華のメニューも一緒にオムライスと味わうことが可能だ。
IMG_2089

もし浅草を訪れることがあるのであれば、美味しい中華の技法で仕上げられたオムライスを味わってみてはいかがだろうか?

きっとそこには、積み重ねられた歴史と技巧のおいしさが存在しているに違いないのだ。

<お店の情報>
お店 中華料理 ぼたん
住所 東京都台東区花川戸1-8-1
営業時間 11:00〜21:00