日本人だけでなく世界でも認められているグルメの1つと言えばラーメン。

日本全国には数えきれないほどのラーメン店があり、もちろん知られざる名店がキラ星のごとく存在している。

例えば、西日本でいえば広島市民を魅了し続ける「陽気」、岡山市民を魅了し続ける「天神そば」、山口県周南市民が愛するスター系ラーメンの「第三スター」や岩国市民に愛され続ける「寿栄広食堂」 などが存在している。

甲信越地方では新潟県長岡市民が足しげく通う「青島食堂」や長野県松本市民が愛するイラン人が作る絶品ラーメン、「ラーメン藤」に、あの田中要次さんも愛すると言う長野県木曽町の「あすなろ」のチャーシューメンなどが挙げられる。

東海地方では、いまや全国区となった名古屋名物の「台湾ラーメン」を初め、一宮市民を魅了しつづける「ベトコンラーメン」に、知られざる岐阜県多治見市の「台南ラーメン」などが挙げられる。

もちろん北の大地・北海道にも、北海道ラーメンランキングで1位を独占し続ける味噌ラーメンのお店「彩未」や、あの北川景子さんを魅了したショウガラーメンの名店「信月」など、数え上げればきりがない。

首都圏でいえば、横浜市民が愛するソウルフード・サンマー麺の名店「玉泉亭」、に平塚市民が愛して止まない独自の平塚タンメン、日本で初めてミシュランの星を獲得したラーメンなど、もはや挙げていくことが困難なほど、さまざまな名店がひしめき合っているのだ。

そんな日本中にある美味しいラーメンの中から、今回は福島県郡山市で味わえるヤミツキになる美味しいラーメンをご紹介したい。

お店の名前は「枡はん」だ。

・昭和55年(1980年)創業の郡山ブラックラーメンのお店、それが「枡はん」
こちらのお店、昭和55年(1980年)創業の郡山ブラックラーメンのお店。

昭和55年(1980年)といえば、映画ドラえもんシリーズ第1作が作成され、初めて全国規模のホワイトデーが開催され、そして、日本の自動車生産台数が世界第1位となるなど、初物づくしのものが多い年。

そんな年に生まれた美味しい福島県郡山市のラーメンは、今なお多くの人々に愛され続けているのだ。
IMG_0795

・醤油の旨みと香ばしさがクセになる郡山ブラックラーメン、それが「枡はん」
こちらのお店のラーメンの素晴らしさは、おそらく毎日食べても飽きないであろう、と言うこと。
IMG_0796

まずスープだが、パッと見は非常に濃いように感じるかも知れないが、味わってみると、そんなことはない。

むしろ、醤油の香ばしさを非常に感じるスープとなっており、香ばしさの奥から醤油の旨みがじわじわっと広がって、時間と共に口の中をいっぱいにしてくれる、なんともヤミツキになる味わいなのだ。
IMG_0797

そして麺だが、しっかりとコシのある麺であるため、香ばしさと旨みたっぷりのスープをしっかりと受け止めてくれる。

味わった後は非常にさっぱりとしており、本当に毎日食べても飽きないと言っても過言ではない。
IMG_0798

もし福島県郡山市を訪れることがこちらのお店を訪れてみてはいかがだろうか?

福島県郡山市に住む方が羨ましくなる、そんなラーメンを味わえば、またこの街に戻ってきたくなる、そんな1つの味わいに出会うことができるに違いないのだ。

<お店の情報>
お店 枡はん(ますはん)
住所 福島県郡山市本町1-14-3
営業時間 月〜土 11:00〜15:00 日・祝 11:00〜14:00