名古屋市中村区のストリングスホテル名古屋では、劇団四季ミュージカル『キャッツ』の日本上演40周年記念日にあたる2023年11月11日(土)から2024年1月31日(水)までの期間限定で、特別ブッフェ『STRINGS ジェリクルブッフェ 〜リバイバル〜』を開催しています。

写真提供:ストリングスホテル名古屋

1988年、劇団四季ミュージカル『キャッツ』の名古屋初演は、ストリングスホテル名古屋がある“ささしまライブエリア”で開催されました。それにちなみ、2023年1月21日〜3月15日まで、『キャッツ』の登場キャラクターすべてを料理&スイーツで表現した『STRINGS ジェリクルブッフェ』を過去に開催。大変好評を博したので、今回リバイバル企画として復活したという経緯です。

撮影:堀 勝志古

現在、劇団四季ミュージカル『キャッツ』はストリングスホテル名古屋から徒歩5分の名古屋四季劇場にて公演中で、2024年5月12日に千秋楽を予定しています。

『キャッツ』は、人間に飼いならされることを拒否し、逆境に負けずしたたかに生き抜き、自らの生を謳歌する強い心と無限の個性、行動力を持つ猫「ジェリクルキャッツ」たちの特別な舞踏会の物語。作品には全27匹の猫たちが登場し、それぞれの人生を歌い踊ります。

そんな27匹のキャラクターを、その見た目や特徴、名前をモチーフにすることで、料理とスイーツで表現したのが『STRINGS ジェリクルブッフェ 〜リバイバル〜』です。その他、『キャッツ』の世界観からインスピレーションを得てシェフやパティシエが考案したメニューが並びます。

メニュー数は、ランチ&ディナーあわせて計34品。その中から一部を見ていきましょう。

左から、“ヴィクトリア”をモチーフにした「ほろ苦いアンディーブと林檎 ロースハムのサバイヨングラタン」。ほろ苦い野菜のアンディーブと甘酸っぱい林檎という少し異色の組み合わせを、卵のまろやかさを感じるサバイヨンソースがうまくまとめています。

右は、“ディミータ”をモチーフにした「大地の恵み 旬菜ロースト クリスタルソルト添え」。ディミータがギリシャ神話では大地の生産をつかさどる女神であることから着想を得ています。ホクホクしたサツマイモ、ビーツ、ロマネスコなど、目にも鮮やかです。

グレーのストウブ鍋に入っているのは、“ランパスキャット”をモチーフにした「クリーミーでカオスな竹炭マッシュポテト」。ランパスキャットの白とグレーを表現しています。

その隣は、“マキャヴィティ”をモチーフにした「若鶏の悪魔風」。フランス料理のひとつ、プーレ・ソーテ・ア・ラ・ディアブルを参考に、マスタードと唐辛子を効かせた刺激的ない一品です。

キャラクターではなく、キャッツの舞台である“都会のゴミ捨て場”をイメージし、いろいろな食材を組み込んだ「SDGs ゴミ捨て場のおから蒟蒻ミート ごちゃ混ぜトマト煮込み」。

“都会のゴミ捨て場”をメニュー名につけるのはチャレンジングだと思うのに、キャッツの世界観をうまく表しているところに脱帽です。ストリングスホテル名古屋ならではのセンスを感じました。

ロックであまのじゃくな“ラム・タム・タガー”をモチーフにした「ライム大根と唐墨豆腐 ポン酢のクリスタル」。ラム・タム・タガーの首輪そっくりなライム味の緑大根の漬物が添えてあります。

“ミストフェリーズ”をモチーフにした「古き良きサーモンマリネとアボカドのタルタル フィッテソース」。マヨネーズをベースにしたクリーミーなフィッテソースがサーモンとアボカドに絡んで、とろける味わいです。ワインにもよく合いました。

薄くチーズを削る様子を猫の爪とぎに見立てた「イタリア産チーズ ベラ・ロディ・ラスパドゥーラ 〜猫の爪とぎ〜」。好きな料理と合わせても、そのままおつまみとしていただいても楽しめます。マイルドで食べやすく、白ワインによく合うチーズでした。

“スキンブルシャンクス”を表現した「三河鶏の燻煙仕立て 名古屋名物の味噌ソース 薩摩芋のチップ添え」。大きな機関車の煙突から噴き出す煙に見立てたスモーク仕立ての一品です。

ライブキッチンならではの豪快なメニューがこちら。名物料理に“美食家バストファージョーンズが愛した一品”アンガス牛のローストビーフです。(ランチタイムは「ハーブ風味のローストポーク」となります)

目の前で切りたてのローストビーフをサーブしてくれるので、イベントシーズンらしいワクワク感も楽しめます。

うまみがギュッと詰まったローストビーフはしっとり柔らかく、ついお代わりしたくなってしまうおいしさでした。

ほかにも、揚げたての天ぷら、握りたてのお寿司など、ライブキッチンだからこそ五感で体験できる、思わず“ワクワク”するできたての『キャッツ』メニューがずらり。

年代性別を問わず、お肉が好きな人も、野菜が好きな人も、定番メニューを楽しみたい人も、お酒に合うおしゃれで独創的なメニューを楽しみたい人も、だれもが満足すること請け合いです。

メニュー数が豊富で目移りしてしまいますが、ぜひお腹と相談していろいろな種類を楽しんでみてください。

マンゴーゼリー、パイナップルムース、キャラメルパンナコッタコーヒーゼリー、苺ムース、ベリーとグレープフルーツのタルト、チョコバナナロール、ショートケーキなどのスイーツも、やはりキャラクターをモチーフにしています。

個人的に、“ランパスキャット”をモチーフにしたイチゴのショートケーキと、“ランペルティーザ”のしましま模様を表現したチョコバナナのロールケーキが気に入りました。

小さめサイズなので、少しずつたくさんの種類を楽しめるのが嬉しいです。

ブッフェメニューとは別に、記念日のプレートを予約した方限定(2日前までに要予約)で、スタッフが目の前で仕上げる“しぼりたてマロンモンブラン”を無料でサーブしてくれます。誕生日や結婚記念日など、大切な方へのプチサプライズにぴったりですね。

(※現在は特製カシスムースにマロンクリームを絞るモンブランを提供。時期によりムースやクリームの内容の変更あり)

特別ブッフェ「STRINGS ジェリクルブッフェ 〜リバイバル〜」は、2024年1月31日(水)までの期間限定で開催されます。劇団四季ミュージカル『キャッツ』の観劇前に、観劇後に、まだ観劇されていない方も、非日常の空間でおいしい料理やスイーツを堪能してみてはいかがでしょうか。

予約・詳細は「STRINGS ジェリクルブッフェ 〜リバイバル〜」(公式サイト)をご確認ください。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名称 ストリングスホテル 名古屋 2F/ブッフェレストラン「シェフズ ライブ キッチン」
住所 愛知県名古屋市中村区平池町4-60-7
アクセス JR名古屋駅桜通口より徒歩15分、あおなみ線ささしまライブ駅より徒歩3分
公式サイト STRINGS ジェリクルブッフェ 〜リバイバル〜

「STRINGS ジェリクルブッフェ 〜リバイバル〜」開催期間
2023年11月11日(土)〜2014年1月31日(水)

・ランチタイム(11:00〜14:40/最終入店13:00) 
・ティータイム(15:00〜16:30/最終入店15:15)※土日祝日のみ
・ディナータイム(17:00〜21:00/最終入店19:30)
※土日祝日は17:00〜21:30(最終入店20:00)