ハンバーガーや牛丼などのファストフードとして多くの人々から愛されているジャンルの1つと言えば、立ち食い蕎麦。

ひとくちに立ち食い蕎麦といっても、様々なお店が存在している。

例えば、ボリュームたっぷりの蕎麦と濃厚で甘辛なつけ汁がたまらない東京都港区西新橋「そば処港屋」に、あのタモリさんも絶賛する最高の立ち食い蕎麦屋として有名な日本橋「そばよし」、名物のゲソ天がたまらない!安くてウマイ天ぷらが自慢「一由そば」、蕎麦屋なのにインドカレーで絶賛されているお店「よもだそば」、さらには日本で最も狭いお店と言われる長野県塩尻市の「そば処 桔梗(ききょう)」など、美味しくて特徴のあるお店を数え上げればキリが無い。

そんな日本各地に存在している美味しい立ち食い蕎麦屋の中から、今回は、山梨県小淵沢駅にある、とてつもなくボリューム満点の立ち食い蕎麦を味わえる名店をご紹介したい。

お店の名前は「丸政」。

・1956年(昭和31年)に小淵沢駅からスタートしたお店、それが「丸政」
こちらのお店の創業は1956年(昭和31年)。

1956年(昭和31年)と言えば、朝鮮戦争による特需によって急速に日本が戦後から復興し、経済白書に「もはや戦後ではない」という言葉が記され流行語ともなった年。

世間では故・石原裕次郎さんが日活映画「太陽の季節」でデビューし、映画館新築ブームが到来、日本の国連加盟が可決され、国際社会に正式復帰し、経済が上昇曲線を描きはじめていた、そんな時代に、当時の国鉄中央本線小淵沢駅にお店は産まれたのだ。

そしてそんなお店は今なお多くの人々に愛されており、特に、最近では白州蒸溜所を訪れる外国人の方々にも人気のお店となっているのだ。


・小淵沢駅といえば、「山賊そば」
こちらのお店で最も人気のメニューが「山賊そば」だ。

蕎麦の上に、ボリュームたっぷりの山賊焼が一枚、ドンっ!というような存在感で提供される。

まず蕎麦だが、歯ごたえのある乱切り太麺とほんのり甘いツユが絶妙なマッチングで、それだけでも十分に美味しい。

そしてメインの山賊焼だが、山賊焼とは長野県中信地方を中心に食べられる鶏肉をニンニクなどに漬け込んで揚げた食べ物のこと。

このパンチのあるニンニク醤油の香ばしい香りをまとった山賊焼に、蕎麦ツユがしっかりと染み込むことによって、蕎麦全体が非常に絶妙な味わいになるのだ。

かなりボリュームがあるのだが、それを感じさせないほど、ペロッと1食、女性でも食べきれてしまうほどのウマさなのだ。

もし時間があるのであれば、いつもはアクセスしないような場所に向かって、電車に乗ってみる、という旅に出かけてみてはいかがだろうか?

そして、小淵沢という場所で、かつての日本の香りを感じられる老舗の駅そばを味わう。

そんな一つ前の時代にタイムスリップできるような旅を楽しんだのなら、遠い昔に感じたどこか懐かしい味わいは、きっと旅人の心を暖かく包んでくれるに違いないのだ。

<お店の情報>
お店 丸政 小淵沢店(まるまさ)
住所 山梨県北杜市小淵沢町1024 小淵沢駅 2F
営業時間 8:00〜19:00 日曜営業

The post 山梨が世界に誇る最高の立ち食い蕎麦!ド迫力の山賊焼を堪能できる立ち食いそば店 / 山梨県北杜市小淵沢町の駅そば「丸政 」 first appeared on GOTRIP!.