1868年(明治元年)9月8日、一世一元の制を定められたうえで、明治と改元されたことによって始まった明治時代。明治の時代には多くの海外の文化が流入し、それによって、日本においても多くの発明や技術発展が勃興していく。

そんな急激な西洋化が進む日本において、今なお多くの人々に愛されている、ある画期的なグルメが誕生したのだ。それが日本が世界に誇るべきグルメの1つ、洋食。

トンカツ、オムライス、カキフライ、エビフライ、ハヤシライスなど、誰もが知っているこれらの代表的な洋食メニューは、1895年(明治28年)に銀座ガス灯通りに創業した1軒のフランス料理店「煉瓦亭」から生まれた。

明治から大正、昭和になり、大戦を経て様々な形で様々な土地で独自の進化を遂げていった日本の洋食の中でも、高級な洋食店だけでなく、町の喫茶店などでも親しまれている子供から大人まで大好きなメニューの1つといえばナポリタンだ。

今回は全国に存在する美味しいナポリタンを味わえるお店の中から、三重県伊勢市が誇るソウルフードとも言われているお店をご紹介したい。

お店の名前は「喫茶モリ」だ。

・1970年創業

こちらのお店の創業は1970年(昭和45年)。

実は1970年(昭和45年)は、日本の戦後にとって外食元年と呼ばれている年。

1970年(昭和45年)といえば、日本万国博覧会(大阪万博)が開幕し、外国からはケンタッキーフライドチキンやダンキンドーナツといった米国式チェーンレストランが相次いで日本に上陸するなど、まさに世界と日本の文化が混ざり合い、日本経済は大きく発展していくのだ。

そんな年に生まれた鉄板ナポリタンは、今なお多くの人々に愛されており、伊勢市のソウルフードの1つとも呼ばれているほどなのだ。

・喫茶モリのシグネチャーメニュー、それが「モリスパ」
こちらのお店では通常の喫茶店にあるようなサンドイッチやピラフなどもメニューとして存在しているのだが、お客のほとんどが注文するのが「モリスパ」だ。

オーダーして「モリスパ」が届くと、非常に香ばしい香りに包まれる。

非常に熱いので、猫舌の方は注意が必要だ。

まずはシンプルにそのままの味わいを堪能してもらいたい。

熱々の鉄板で焼き上げられた卵とナポリタンの味わいは、非常に優しい味わいで、どこか懐かしい気分になってしまう。

モリスパのケチャップは柔らかい甘みのある丸い味わいとなっており、さらにそこに卵の甘みが加わる。もしかしたらこの、幾重にも重ねられた優しい甘さが多くの人々に愛されている理由なのかもしれない。

そして昔懐かしい赤いソーセージ。この味わいも非常に優しく、どこか懐かしさを感じられる味わいである。どこにもありそうで、どこにもない、まさにモリスパだからこその味わいがここにはあるのだ。

日本の戦後の外食元年と呼ばれている年に伊勢市に生まれたソウルフード「モリスパ」。

もし三重県伊勢市を訪れることがあるのであれば、50年以上にわたって地元の人々に愛され続けてきた味わいを楽しんでみてはいかがだろうか?

きっとそこには、いつまでも、どこまでも優しくて懐かしい、そんな味わいがあるに違いないのだ。

<お店の情報>
お店 喫茶モリ
住所 三重県伊勢市岩渕1-15-10 2F
営業時間 10:00〜18:50(ラストオーダー)
定休日 月曜日、第3火曜日、臨時休業有り

The post 三重県伊勢市が誇るソウルフード「モリスパ」とは!?絶品の鉄板ナポリタンが味わえるお店「喫茶モリ」 first appeared on GOTRIP!.