日本には季節折々の風景があり、それは日本の様々な場所で愛でられてきた。

春には桜、菖蒲や藤の花、そして夏には花火大会、秋には紅葉、そして冬には雪化粧された庭園風景など、様々な場所で様々な楽しみ方でその季節の移ろいを今でも楽しむことができる。

もちろん、そんな季節の移ろいと一緒に味わえるのが、その時の旬の食材を使った絶品料理の数々。

今回はそんな日本の今だから味わえる最高の景色と最高の料理を味わえる場所の中から、東京都江東区亀戸をご紹介したい。

・亀戸といえば、「亀戸天神 藤まつり」
亀戸天神とは、江戸時代に起きた明暦大火の被害による復興開発事業として、当時の将軍家綱によって九州にある太宰府の社にならって1662年に造られた神社である。

そんな歴史ある亀戸天神でおすすめなのが、4月に見頃を迎える境内にある藤の花。

池にうつる藤の花と、藤の花の甘美な香り、そして遠くに見えるスカイツリーとのコントラストは、一見の価値があるといっても過言ではない。


こちらの場所、夜は夜で別な素晴らしい情景を楽しめる。

夜になると灯りに照らされた藤の花が妖艶に咲き乱れる景色を味わえるのだ。

そのため、昼でも夜でも、東京一との呼び声高い藤の花の景色を楽しむことができる。

まさに、この時期だからこそ、最高の場所を時間の移ろいとともに味わえるのだ。


・藤まつりと一緒に訪れたい、「亀戸升本」で味わう絶品のアサリ料理
そんな「亀戸天神 藤まつり」を楽しむ際に訪れたいのが、「亀戸升本」だ。

こちらのお店、1905年(明治38年)に亀戸に創業した老舗の酒屋が前身。

第二次世界大戦後「亀戸升本」という割烹に生まれ変わり、契約農家で栽培された「亀戸大根」を使った名物である「亀戸大根あさり鍋」をはじめとした様々なお料理を提供し続けているのだ。

もし藤まつりと一緒に訪れるのであれば、「亀戸大根あさり鍋」を味わっておきたい。

美味しいアサリと亀戸大根とを一緒に味わえる、まさに春の江戸の味わいがここにはある。

普段はなかなか訪れないかもしれない、東京の亀戸という場所。

春の訪れとともに、普段足を踏み入れたことのない場所に出かけてみるのはいかがだろうか。

きっとそこには、新しい出会いと発見が待っているに違いないのだ。

The post 【日本季節散歩】東京都江東区亀戸で味わう美しく甘美な藤の花と美味しいアサリ鍋 first appeared on GOTRIP!.