ドイツとの国境に接するチェコ西部、西ボヘミア地方にあるプルゼニュ(Plzen)は、チェコで4番目に大きな町です。

チェコビールの代名詞とも言われるピルスナーウルケルのビール醸造所があり、「ビールの町」として有名なプルゼニュを訪れたら、おいしいチェコ料理とともに新鮮なビールを楽しみたいもの。

今回紹介するプルゼニュのシュヴェイク レストラン 「ウ・ピエタトゥジツァートゥニークー (Švejk Restaurant U Pětatřicátníků)」では、ビールによく合う伝統的なチェコ料理とユニークなビールを手頃な価格で楽しむことができます。

店の前のテラス席では、おじさんたちがとてもおいしそうにビールを飲んでいて、ビール好きには溜まらない空間がひろがっています。

こちらのレストランでは、テラス席、1階、2階とあり、見た目よりも中が広いです。

まずスターターとしてオススメなのがソーセージのピクルス。

さっぱりとしているソーセージはビールのおつまみにぴったりです。

ドリンクのメニューも豊富に用意されています。
(※PIVOというのがチェコ語でビールのこと)

チェコでは日本と比べてビールを安く飲むことができます。こちらのお店では、ピルスナーウルケルの0.5Lが42CZK(約200円)、0.3Lが(約140円)です。

実はこちらのレストランでは他にはなかなか無い変わった注ぎ方のビールがあり、「ミルコ(ミルク)」と呼ばれています。

なんとジョッキの9割以上が泡の真っ白なビールは、是非オーダーしてみてください。

ほかにもドリンクのメニューはたくさんあります。

グラデーションがきれいなビールのハーフ&ハーフや

Kingswoodのアップルサイダーもチェコではメジャーなお酒のひとつ。

すっきりしたドライな甘さで飲みやすいリンゴ酒も料理に合わせてみてはいかがでしょうか。

料理のメニューには、さまざまなお肉を使った定番のチェコ料理が揃っていますので、自分の好みのメニューをオーダーして、美味しいお酒を味わってみてください。




こちらのレストランにはベジタリアンメニューも用意されています。

オススメはチーズのフライ。見た目はハムカツのようですが、カリカリ衣の中にチーズが入っており、中からはおいしいチーズがとろ〜りとろけ出します。

チーズ好きな方にもオススメのメニューです。

チェコビールの発祥の街「プルゼニュ」を旅するなら、シュヴェイク レストラン ウ・ピエタトゥジツァートゥニークーでおいしいチェコ料理とビールを楽しんでみてはいかがでしょうか。

このお店だからこそ味わえる、そんなグルメな旅を楽しむと、チェコの事がもっと好きになるに違いありません。

店名 シュヴェイク レストラン ウ・ピエタトゥジツァートゥニークー(Švejk Restaurant U Pětatřicátníků)
住所 Riegrova 227/12, Pilsen 301 00, Czech Republic
電話 +420 377 970 404
営業時間 月〜木 10:30 – 23:00、金 10:30 – 24:00、土 11:00 – 24:00、日 11:00 – 22:00
公式サイト http://www.svejkplzen.cz/home/
提供 チェコ政府観光局

(*当記事はチェコ政府観光局主催のプレスツアーに参加し執筆しています。)
(*文中の価格は2017年5月のレート、1CZK=4.7円で計算しています。)