京都に行ったら料亭を訪れたい。そんなことを思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

料亭とは、多くの場合広い敷地を持ち美しいお庭を持つお料理屋さんで、個室で食事をしながらお酒を楽しむのはもちろん、舞妓さんや芸子さんを呼べる高級店のこと。

昔はいわゆる「一見さんお断り(誰かの紹介がないと入れない)」でしたが、最近は誰でも利用できるようになっており、観光で利用される方も増えています。

とはいえ、名だたる料亭に足を踏み入れるのは経済力も必要ですし、緊張もしますよね・・・。そんな方にお勧めしたいのが、今日ご紹介する下鴨茶寮です。

下鴨茶寮は、安政三年(1856年)創業の歴史ある京都の料亭のひとつですが、比較的小ぶりであり、明るく開けた鴨川沿いに位置しているという場所柄や、現社長の小山薫堂氏の経営方針のためか、比較的オープンで入りやすい印象。

懐石のコース料理も13,000円から用意されており、料亭としてはお値段的にも手の届きやすいお店と言えます。

とはいえ、もちろん一般家庭からすると大きな額。旅行だから奮発したいと思っても迷ってしまう場合もあるのでは?

実は、下鴨茶寮には、個室で頂く懐石料理の他に、レストラン形式のお部屋で頂ける、お昼のコースがいくつか用意されているのです。

レストラン式のお部屋で頂けるコースは3種類。(2017年6月現在)

季節の弁当 全7品5,500円
お昼のミニ懐石 全8品7,500円
お昼の懐石 福膳 全9品10,000円

いずれも、本格懐石ほどの豪華さではありませんが、目も舌も存分に楽しませてくれるお料理ばかり。個室ではないといっても、ガラス張りのお部屋で美しいお庭を眺めながら料亭の味をゆっくりと楽しむことができますよ。

お料理の一例(※下の写真は限定のもので、上記に書かれたコースではありません)

蓬豆腐に雲丹のせ 蓬の風味の胡麻豆腐と雲丹のとろみが贅沢な一品です

エビしんじょのお碗

季節の松花堂弁当 季節の恵みが詰まっていて、何から手を付けるべきか迷ってしまいます。

お食事(ご飯)には、下鴨茶寮特製のご飯のお供が添えられており、これもとてもおいしくて、つい食が進みます。

下鴨茶寮では、季節を感じさせる京料理の心はそのままに、新しい風をどんどん取り入れていくという方針らしく、伝統的な中にもハッとさせてくれるような取り合わせがあるのも楽しいところです。

実は、下鴨茶寮ではデザート類にも力を入れているらしく、純和食のお店には珍しく、工夫を凝らした様々なデザートが出されるのも女性には嬉しいところ。

左のフルーツやブリュレはもちろんのこと、右のお茶請けも、小さな一粒のひとつひとつに全く異なる食感やお味が仕込まれていて、大満足でした。

お食事の後には、お庭の見学などもできますので、京都らしい写真を撮るのにもいいですね。ぜひ、京都旅行のお食事の候補に挙げてみてください。

お店 下鴨茶寮(しもがもさりょう)
住所 京都府京都市左京区下鴨宮河町62
営業時間 昼食 11時00分〜15時00分,
     夕食 17時00分〜21時00分
定休日 不定休
お店のHP http://www.shimogamosaryo.co.jp/