日本時間2022年12月6日、サッカーの世界大会『FIFAワールドカップカタール2022』の決勝トーナメント1回戦が行われ、日本代表は前回準優勝のクロアチアと対戦。大接戦の末、敗退しました。

強豪のドイツとスペインを破り、グループリーグを1位で突破した日本代表。

しかし悲願である『ベスト8初進出』の壁は高く、今回も乗り越えることはできませんでした。

本田圭佑「ベスト8を狙うんじゃない」

動画配信サイト『ABEMA』で解説を担当する、サッカー元日本代表の本田圭佑さんは、日本の敗退決定後にTwitterを更新。

投稿されたコメントに反響が上がっています。

敗退が決まり、多くの人たちが「4年後こそ、ベスト8入りを果たしたい!」と願う中で、本田さんの見解は…。

「ベスト8を狙うんじゃない。優勝を狙うんだ」

目標設定が『ベスト8入り』と『優勝』とでは努力の方法が違うとつづり、「ここが全員の出発点にならないと、今後の分析や議論にズレが生じる」とも付け加えています。

選手目線での的確な分析を交えた解説が人気を呼んだ、本田さん。

選手たちへの激励とも受け取れる投稿には22万件以上もの『いいね』が付き、多くのコメントが寄せられました。

・本当そう。目標を高いところに設定し、そこに向かって本気で努力しなければいけない。

・この思考はサッカーだけじゃない。何に対してもストイックでありたい!励まされます。

・かっこいい!でも本当にその通り。日本は堂々と優勝を狙うと公言してもいい、戦いぶりだった。

今回、グループリーグで強豪国を破り、前回準優勝のクロアチアにも善戦した、日本代表。

4年後の『W杯優勝』という目標は、けして叶わぬ夢で終わらないはず。

本田さんの言葉に後押しされ、より一層、日本サッカーを応援する気持ちが高まりますね!


[文・構成/grape編集部]


出典
@kskgroup2017