牛乳に、ドリップコーヒーのパックをひと晩漬けておくと、おいしい『ミルクコーヒー』が作れます。

※写真はイメージ

手軽なのに、喫茶店で出てくるような濃厚な1杯が楽しめるとあって、ネット上でも話題です。

とろける白いコーヒープリン

料理研究家の、ぼく(@boku_5656)さんは、このミルクコーヒーをさらにアレンジしたスイーツレシピを開発。

Twitterで『コーヒー風味のミルクプリン』のレシピを投稿したところ、「作ってみたい!」といった声が上がりました。

紹介されたレシピは以下の通りです。

まず、お茶パックに入れた粉状のコーヒー豆を、牛乳に6時間〜8時間、浸しておきます。

出来上がったコーヒーミルクに、生クリームと砂糖を加えて混ぜ、電子レンジを500wに設定し4分加熱。

この間に粉ゼラチンと水をまぜておきましょう。

ゼラチンを加熱したコーヒーミルクに加えて混ぜ、氷水などで冷やします。粗熱がしっかり取れてから、3〜4個の容器に分けて入れましょう。

あとは、冷蔵庫で冷やし固めたら出来上がり!

お好みで、ホイップクリームやチョコレートなどをトッピングすると、見た目にもかわいいですね!

ぼくさんは、コーヒー豆を牛乳に浸す際、「牛乳は出来上がりの量を考えて多めにしておく」「ラップで落としフタをすると、よりしっかり浸せる」など、上手に作るポイントも紹介しています。

また、プリン液を加熱後は、粗熱をしっかり取ってから冷やし固めると、表面がツルンとしたきれいな仕上がりになるそうです!

投稿を見た人たちからは「やってみたけど、すごくおいしかった」「へー!これはやってみたい」などのコメントが寄せられました。

牛乳に漬けて作ったミルクコーヒーは、そのまま飲んでもおいしいですが、簡単に作れるスイーツレシピも、試してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]


出典
@boku_5656